海外クラブのかっこいいユニフォームの紹介【サッカー】

もうすぐ世界のサッカーリーグの2018~2019シーズンが始まります。

海外の各クラブは次シーズンのユニフォームを発表し始めていて、選手もサポーターの皆さんも気になるのではないでしょうか。

そこで今回は海外クラブのかっこいいユニフォームをいろいろ紹介してみたいと思います。

海外クラブのユニフォーム

サッカーの歴史は100年以上あり、それぞれのクラブが、クラブの成り立ちやホームタウンのシンボルなどに因んで、伝統的なユニフォームを使用しています。

世界的なビッグクラブである、

レアル・マドリードは白(白い巨人/El Blanco)

ACミランは赤と黒のストライプ(愛称の「ロッソ・ネロ」は赤・黒の意味)

マンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)は赤(赤い悪魔/the red devils)

といわれるように、ユニフォーム色がクラブのシンボルとなっています。

また、ストライプだったりツートンだったりとパターンもあり、やはりどれもかっこいいですよね。

ここでは、僕の知っている限りでの海外クラブのユニフォームの傾向を、

欧州4大リーグ(イングランド/スペイン/ドイツ/イタリア)を中心にまとめてみたいと思います。

一色系

一色のユニフォームは古いクラブが多いです。

マンU、リヴァプール、バイエルン・ミュンヘン、ベンフィカ・リスボンなどが赤一色、

チェルシー、シャルケなどが青一色、

レアル・マドリード、ケルンなどが白、

マンチャスター・シティ、マルセイユ、ナポリなどが水色、

ドルトムントが黄色。

ユニフォームの袖に違う色がつくこともありますが、一色のユニフォームが一番オーソドックスですね。

↓例えば、こちらはマンチェスター・ユナイテッドのユニフォームです。香川真司が所属していました。

ツートン系

柄のタイプは異なりますが、2色で成り立っているユニフォームもあります。

アーセナル、バルセロナ、ジェノア、モナコ、パリサンジェルマン、アヤックス、フェイエノールトなどがそうです。

それぞれ組み合わさる色は違いますけど、バルセロナのようなパターン、フェイエノールトのようなパターンで2色で成り立っているユニフォームもあります。

↓こちらはツートン系フェイエノールトのユニフォームです。

画像の中に小野伸二がいます。若い頃のファン・ペルシーも。

ストライプ系

もしかしたら一番多いのがストライプ系かもしれません。2色の縦縞です。

特に赤と白の縦縞が多くて、イングランドでは吉田麻也のサウザンプトンやストーク・シティ、

スペインではアトレティコ、ビルバオ、

オランダのPSVアイントホーフェンなどは昔から赤と白のストライプです。

 

白と黒のストライプはユヴェントス、ニューキャッスル、ウディネーゼ、

ほかにもACミランやインテルなどもストライプですし、

セルティックとスポルティングリスボンは珍しい横縞のユニフォームです。

↓こちらは、ストライプ系サウザンプトンのユニフォームです。

画像の中に吉田麻也くんがいます。

たくさんある赤白のストライプのクラブの中で、昔からサウザンプトンのユニフォームが一番かっこいいと思います。

このように、欧州クラブのユニフォームは一色系、ツートン系、ストライプ系に区分けできると思います。

印象的なユニフォーム

海外のクラブのユニフォームの中から、特に異彩を放つ?印象的なユニフォームを何点か紹介します。

もし手に入ると目立つこと間違いないと思いますよ。

まずは、かわいいユニフォームとして有名なオランダのヘーレンフェーンです。

日本人選手の小林祐希が所属しています。その画像がこちらです。

どうですか、このユニフォーム。

ヘーレンフェーンのユニフォームには昔から「ハートマーク」が入っているということで有名なんです。

もちょっと詳しい画像で確認してみましょう。

上の画像がホーム用のユニフォームで、下の画像がアウェー用のユニフォームです。

ね!ハートマークが入ってるでしょ。

僕が知る限り世界で一番かわいらしいユニフォームです。

ヘーレンフェーンのキッズやジュニアユースチームも同じユニフォームで、

子供たちがきるとまたかわいさが際立ちます。

このユニフォームはもっていると注目されますよ。

ちなみに、このハートは実はハートではなくクラブの町のシンボルである花の「花びら」のようです。

そういう意味を知るとかっこいいユニフォームともいえると思います。

 

ちなみに、まだ販売しているのかどうかわかりませんけど、

以前、レアル・マドリードのユニフォームもかわいいマークが入ったことがありました。

こちらです。

ちょっと分かりづらいですけど、このレアルのユニフォームの両腕のラインのところなんですけど、小動物の足跡がついているんです。

僕はこのユニフォームを持っていたんですけど、とてもかわいかったですよ。

たぶん、レアルの1996-1997シーズンのユニフォームだったと思います。

この足跡は犬の足跡のようで、KELMEというブランドのロゴのようです。

こちらもかわいいユニフォームでした。

 

ストライプ系のユニフォームが多いんですけど、多くは縦縞なんです。

でも、横縞のユニフォームもあります。僕の知っている限りでは2つのクラブだけですね。

それも似ています。それがこちらです。

上がスコットランドのセルティック、下がポルトガルのスポルティング、

カラーもほぼ同じ緑と白のストライプ、それも横です。

サッカーのユニフォームでは珍しいです。しかもかっこいい!

個人的にはどちらか1着を持っていたいユニフォームです。

 

ヘーレンフェーンのハートの入ったユニフォーム、

レアルマドリードのKELMEのユニフォーム、

セルティック/スポルティングの横縞のユニフォーム、

これらは印象的なユニフォームだと思います。持っていると一目置かれることまちがいありません。

 

今回のロシアワールドカップでも各国のユニフォームをみることができましたが、

最も印象に残ったのはウルグアイのぴちぴちユニフォームでした。

上半身の筋肉?の状態がモロにわかる形状でしたので、筋肉隆々の人はかっこいいんでしょうけど、

ちょっとメタボ系の方にはきついユニフォームでしたね(笑)。

チェックしたいユニフォーム

そしていよいよ2018シーズンが開幕します。

各チームもシーズン用のユニフォームを発表しはじめていますが、

2018年シーズンにチェックしておきたいユニフォームを紹介しておきます。

絶対にチェックすべきユニフォームは、スペインのレアル・べティスです。

2018シーズンは乾貴士が移籍しつい先日入団発表が行われましたね。

意図したわけではないんですけど、緑/白の横のストライプを紹介したら、べティスは縦縞でした。

べティスには日本人は初めての加入ですから、まだたくさんは出回っていないと思います。

なかなかかっこいい狙い目のユニフォームですね。

 

ドイツの名門ヴェルダー・ブレーメンに奥寺以来の日本人が加入します。半端ない大迫です。

こちらもチームカラーは緑です。

ユニフォームは発表されているみたいで、大迫の背番号は8のようです。

ブレーメンのユニフォームもチェックですね。

出典:http://aktnach.org/bremen

もうひとつチェックしたほうが良いユニフォームは先ほど紹介しましたサウザンプトンのユニフォームです。

2017シーズンは伝統のストライプをやめていましたが、2018シーズンはストライプが復活するようです。

https://www.worldfootball.net

↑サウザンプトンFCの2018-2019シーズンのユニフォームです。アンダーアーマーですね。

・・・ん~イマイチですねぇ、昔のほうがかっこよかったですね。

まとめ

今回は海外のクラブチームのユニフォームを紹介しました。

チャックしたほうが良いユニフォームはなんだか緑祭りみたいになってしまいましたが、

乾のべティス、大迫のブレーメンのユニフォームはチャックしていただきたいです。

また、珍しいところでヘーレンフェーン、セルティック、スポルティングなどはお勧めです。

好きな選手、憧れの選手のユニフォームって欲しいですよね。

かっこいい、かわいいユニフォームを手に入れて、練習でも着てみたいですし、

子供さんのサッカーの応援など普段着としても着てみたいですよね。

今回のユニフォームの紹介が皆さんのサッカー生活にお役に立てればと思います。

過去記事の<<【雇ってくれ!】日本人選手の海外クラブでの活躍【サッカー】>>もご一読いただければと思います。