【歴代】日本人選手ウイングのランキング【サッカー】

サッカーのポジション「ウイング」は、昔からスタープレーヤーの多いポジションです。

守備を免除され、ドリブルやスピードでディフェンスラインを突破しラストパス、

逆に自分で得点を狙うなどチームの中でも攻撃的な技術をもつ選手が務めます。

今回は、歴代日本人ウイングのベスト5をあげてみたいと思います。

ウイングとは

ウイングとはサッカーのポジションのひとつで、フォワード(FW)に含まれます。

フォーメーションによりますけど、FWを3人配置したときに、両サイドに配置されます。

フォーメーション図でウイングの位置を確認してみましょう。

↑黄色い星印がウイングでFWのうち両サイドを担当します。

ウイングは、1960~1980年くらいに世界の主流であったフォーメーション4-3-3で配置されていたポジションです。

1980年代の後半からフォーメーションの主流となった4-4-2によってウイングというポジションは消滅しそうになります。

オランダ代表やFCバルセロナなどでは基本フォーメーションとして4-3-3が続けられ、ウイングは細々と継続されてきました。

1990年代に世界的に流行した4-4-2のフォーメーションのプレッシングサッカーを打ち破るために、

2000年以降に4-3-3、また4-5-1のフォーメーションが主流となってくると(こちらの記事で紹介しましたけど)、

以前とは少し異なりますけど、ウイングのポジションが復活してきました。

このようなフォーメーションの変化によりウイングというポジションは少なくなりましたが、

ウイングの役割はサイドハーフ(MF)やウイングバック(MF/DF)などのポジションが担ってきたんですね。

4-4-2や3-5-2や4-5-1でもウイングの役割は受け継がれてきたと言えます。

 

ウイングにはサイドからの攻撃が求められ、得点に繋がるチャンスメイクや得点をすることが求められます。

技術的には相手を突破するためのドリブルやスピード、ラストパスに繋がるクロス、そしてシュート、これらがウイングの選手の特徴になりますね。

ドリブル突破、正確なセンタリング、派手なシュート、正しくサッカーで一番盛り上がる瞬間であり、

その役割を担う選手は、昔からスーパースターとなり得る選手が多いんですよね。

1980年代までのウイングはいわゆる純粋なウイングで守備をすることはほとんどありませんでしたが、

2000年以降のウイングは以前のウイングよりも守備を求められるようになりました。

 

今この記事を書いているときにワールドカップロシア大会が行われていますが(昨日からベスト8の試合が始まりました)、

4-3-3や4-5-1のフォーメーションから各代表のウイングのポジションと選手を確認してみてください。

↑4-5-1(4-2-3-1)では、サイドハーフをウイングの範疇に入れました(←役割はほぼ同じですので)。

どうですか、ネイマール、エムバペなどスター選手ですし、日本も乾、原口のプレーには感動させられました。

ポジションと選手の特徴からウイングのイメージをもっていただければと思います。

世界のウイング選手

世界にはどんなウイング選手がいたのか、はるか大昔からの名ウインガーを紹介します。

凄まじくたくさんの選手がいますので、歴史に名前がのこるような選手に絞りますね。

画像や映像を載せたいところですが、数が膨大になってしまいそうなので、

画像や映像はみなさんそれぞれでお願いします(謝)。

ガリンシャ

1933年生まれ、ブラジルの伝説的なドリブラー、右ウイング、1953~1972年の19年間プレー。

王国ブラジルでペレと並び称される選手

小さい頃に病気によって背骨や足に障害が残り、左右の足の長さが6cmの差があったとのこと。

19歳でプロのテストで当時のブラジル代表DFを翻弄したことから、他のクラブにとられるのを恐れ、そのチームと契約となる。

その後、ブラジル代表に選出され、ワールドカップは3度出場。

特に1962年のチリ大会では、王様ペレの欠場を大車輪の活躍でけん引し、史上2チーム目の連覇をブラジルにもたらす。

「20世紀の偉大なサッカー選手100人」の20位。ガリンシャの評価は以下のとおり。

たった一人の力で自国を優勝に導いたのはガリンシャとマラドーナだけだ~アレックス・ベロス著

ペレはアスリートであり、ガリンシャはアーティストだった。2人揃えば完璧であり誰にも止められなかった~アルマンド・ノゲイラ

ガリンシャがいなければ私はワールドカップで3度優勝することはできなかっただろう~ペレ

ジョージ・ベスト

1946年生まれ、北アイルランド生まれの伝説的ドリブラー、左ウイング(だったかな?)、1963~1984年の21年間プレー。

17歳でマンチェスター・ユナイテッド(以下「マンU」)とプロ契約し大活躍、同じく17歳で北アイルランド代表にも選出される。

代表での活躍はないが(代表自体が弱いため)、所属クラブのマンUではボビー・チャールトン、デニス・ローなどの名選手とともに初のUEFAチャンピオンズリーグで初の栄冠を勝ち取る。

マンUの背番号「7」はマンU伝統のエースナンバーで、オーウェン、Cロナ、ベッカム、カントナなどが背負ってきたが、その始まりはジョージ・ベスト。バロンドールを史上最年少の22歳で受賞。

イイ男だったようでアイドル以上の人気があり、スキャンダルに事欠かないことも含め、世界的に人気のあった選手です。

母国北アイルランドのナショナル空港は「ジョージ・ベスト・ベルファスト・シティ空港」と呼ばれています。

「20世紀の偉大なサッカー選手100人」の8位。ジョージ・ベストの評価は以下のとおり。

マラドーナgood、ペレbetter、ジョージbest~「ジョージ・ベストがいた」

世界最高の選手である~ペレ

「I think I have found you a genius」(天才を発見した)~マンUスカウト

ルイス・フィーゴ

1972年ポルトガル生まれ、ポルトガルのレジェンド黒豹エウゼビオに対して白豹と称される天才ドリブラー、右ウイング、1989~2009年の20年間プレー。

バルセロナ、レアルマドリード、インテルなどのビッグクラブで、またポルトガル代表キャップ127試合に出場、1991年のワールドユースで優勝。

このときのフィーゴをはじめ、ルイ・コスタ、パウロ・ソウザ、ジョアン・ピントなどはポルトガルの黄金世代とよばれ、各選手がそれぞれビッグクラブで活躍。

スペインの強豪チームバルセロナとレアルマドリード間の移籍は「禁断の移籍」と呼ばれ、

フィーゴがバルサからレアルに移籍したときは、フィーゴがバルセロナ市内に所有していた日本料理店が破壊されるということが起きる。

2000年にバロンドール、2001年FIFA最優秀選手賞受賞。ルイス・フィーゴの評価は以下のとおり。

バルセロナに行くときは今でも侮辱を受けるのか?~フリスト・ストイチコフ(禁断の移籍に関して)

ライアン・ギグス

1973年ウェールズ生まれ、そのドリブルを形容して「ジャックナイフ」と異名をもつ高速ドリブラー、左ウイング

1990~2004年の24年間マンU一筋を貫き、クラブの最多出場記録をもつ。

また、イングランドサッカー史上最多のタイトルを獲得した選手。

マンUの名監督ファーガソンの申し子で、ファーガソンが指揮したUEFAチャンピオンズリーグの3度の決勝戦全てに唯一出場する。

ギグスのドリブルは巧みなボールコントロールではなく、凄まじいスピードにのった高速ドリブルで、1990年代は「右のルイス・フィーゴ、左のライアン・ギグス」と称された。

「20世紀の偉大なサッカー選手100人」の83位。ライアン・ギグスの評価は以下のとおり。

彼を目にして、監督になって以来流してきた汗と欲求不満と惨めさがすべて吹き飛んだ。めったに得ることができないかけがえのない瞬間だった。川も山もすべてさらった後に突然金塊を前にしていることに気づいた金堀りだって、その日ギグスを目にした私ほど幸せではなかったに違いない~アレックス・ファーガソン

その他

その他扱いしては申し訳ないとは思いますけど、上記4人の他にも凄いウイングがいました、います。

以下の選手たちも世界的なウイングです。

  • オレグ・ブロヒン(ソ連)
  • グジェゴジ・ラトー(ポーランド)
  • ピエール・リトバルスキ(西ドイツ)
  • デイビッド・ベッカム(イングランド)
  • アリエン・ロッベン(オランダ)
  • クリスチャーノ・ロナウド(ポルトガル)
  • リオネル・メッシ(アルゼンチン)
  • ネイマール(ブラジル)
  • エデン・アザール(ベルギー)

この選手はウイングなのか?と迷う選手もいますけど、ウイングの役割としてみたときに該当している選手をチョイスしました。花形選手ばっかりですね。

日本人ウイングランキング

それでは今回のメイン、日本人選手のウイングをランキングしてみたいと思います。

賛否両論おありかと思いますけど、僕が勝手に選びます(笑)。

過去記事で日本人ボランチをランキングしたとおり、ウイングの役割(突破力、アシスト、得点など)や世界での活躍、代表でのインパクトなどを総合してチョイスしてみたいと思います。

なお、サイドバック、ウイングバックは選考外とします。

第5位.杉山隆一

1941年静岡県生まれ、左ウイング。1968年メキシコオリンピックで銅メダルを獲得したときの俊足ウインガー

国際大会で我らが日本代表が初めてメダルを獲得した大会で、大会得点王の釜本とコンビを組んで、同大会で5アシストを記録しました。

銅メダルがかかった開催国メキシコとの試合でも2アシストを記録。

世界がウイングを主流としていた時代の日本No.1のウイングです。

現在のフットボールオブザイヤーである日本年間最優秀選手賞を釜本の5回に次ぐ3回受賞(同じく3回に木村和司)しており、日本サッカー殿堂にも選出されています。

この画像は東京オリンピックでアルゼンチンに勝った時のものだそうです。真のウインガー杉山隆一を5位としました。

第4位.乾貴士&原口元気

4位は2人!↑乾貴士は1988年滋賀県生まれ、左のサイドアタッカー

今回のチョイスは何と言ってもワールドカップロシア大会での大活躍です。

セクシーフットボール・・・の野洲高校で高校サッカー選手権で優勝、その後マリノスに入団しますが試合に出られず、

セレッソに移籍しコンスタントに出場するようになりました。

海外に渡りボーフム、フランクフルト(以上ドイツ)、エイバル(スペイン)に所属し、活躍します。

ワールドカップロシア大会のセネガル戦では1得点1アシスト、ベルギー戦ではワールドクラスのミドルシュートを決め、僕らを歓喜させましたね。

深い位置に侵入しクロスを上げるというよりも、サイドからカットインしていってシュートを打つといった現代のサイドアタッカーですね。

ワールドカップの活躍が印象的でしたので4位としました。

1991年埼玉県生まれ、サイドアタッカー。ワールドカップロシア大会では右を担当していました。

ワールドカップでは1ゴールでしたが上下に凄まじいほどの運動量で日本の右サイドを支えました。

ベルギー戦ではカウンターから先制点をゲットしています。

浦和で7シーズン過ごした後ドイツに渡り、ヘルタ・ベルリン、デュッセルドルフに所属し5シーズン、これからハノーバーでプレーすることになっています。

原口も乾と同じく、昔ながらのウイングではなく、現代サッカーのサイドハーフでサイドアタッカーですね。

海外でのサイドアタッカーの評価とロシアワールドカップでの活躍の印象から4位としました。

第3位.奥寺康彦

1952年秋田県生まれ、左ウイング。奥寺がドイツで活躍していた時代や環境を考えたとき、僕は日本史上最高のサッカー選手だと思っています

メキシコオリンピックの銅メダル後、日本サッカーは低迷します。Jリーグが発足した1990年代までは日本サッカーは弱かったです。

奥寺はそんな低迷期の1977~1986年の9シーズンを西ドイツのブンデスリーガでプレーします。

この間奥寺が所属したケルン、ヘルタ・ベルリン、ブレーメンは当時世界最高と評価されていたリーグで毎年優勝争いをするチームでした。

また、外国人枠が制限されているころで各チームに2人(たぶんそうだったと思います)しか所属することができない状況で、常に外国人のレギュラーとして試合に出場していたんです。

現在は多くの日本人選手が海外でプレーしていますが、奥寺ほどの実績を残している選手はいないと思います。

奥寺は本来は左ウイングの選手ですが、その器用さ、能力からMFやDFを任されていました。

日本代表が弱かった時代なので代表としての活躍はありませんけど、個人としての実績、能力から3位とさせていただきます。

第2位.松井大輔

1981年京都府生まれ、サイドアタッカーで生粋のドリブラーです。

名門鹿実から京都サンガに入団し、いったいいくつのクラブを渡り歩いたのかっていうくらいたくさんのクラブに所属しました。

フランス、ロシア、ブルガリア、ポーランドでプレーしていますが、フランスでの活躍が光りますね。

ル・マン、グルノーブル、サンテティエンヌでコンスタントに試合に出場しています。

松井の特徴は何といっても次に何をするかわからないドリブル、トリッキーなプレーですね。

日本史上でもこんなにトリッキーなドリブルをする選手は思い浮かびません。

松井を2位にしたのは、そのプレースタイルがいかにもウイングタイプであることと、ワールドカップ南アフリカ大会での活躍ですね。

4位の乾、原口以上にサイドでがつがつ勝負していましたし、PK負けしたパラグアイ戦では紙一重のプレーが随所に見られました。

ウイング、サイドアタッカーの育ちにくい日本で、サイドアタッカー、ドリブラーとして活躍した松井を2位にしました。

第1位.三浦知良

1967年静岡県生まれ、生粋のウインガーです。1位はカズ、キングカズとしました。

10代で単身ブラジルに渡り、Jリーグ発足に合わせて帰国し、日本がワールドカップに初出場する1998年の間日本代表のエースとして支えてくれました。

カズの全盛期には世界の主流が4-4-2のフォーメーションのときで、ウイングのポジションがない頃でした。

そこでカズは2トップの一角としてプレーしましたが、本来はドリブルとセンタリングの上手なウインガーです。

奥寺が帰国して以降、久しぶりにセリエAのジェノアに移籍した日本人選手ですね。

日本代表が、親善試合で来日した海外のクラブチームにも勝てなかった時代から、1990年代になって徐々に強くなっていくわけですけど、

来日したトットナムをけちょんけちょんにやっつけたのがカズでした。

アジアでも勝てなかったのが優勝できるようになったり、強くなっていく日本サッカーの象徴だったと思います。

生粋のウインガーであること、日本代表での印象度合いから、キングカズを1位とさせていただきました。

まとめ

今回は、歴代の日本人選手のウイングをランキングしてみました。

ウイングというとどうしてもドリブルやクロスを多用するFWの両翼をイメージしてしまいますが、現在のウイングは、MFの両翼のサイドアタッカーがそれにあたります。

外国と比べると日本はウイングタイプの選手が少ないように感じます。ランキングの対象になった選手は他にもいまして、

  • 大津 祐樹
  • 斎藤 学
  • 宇佐美 貴史
  • 久保 裕也
  • 宮市 亮
  • 南野 拓実
  • 関根 貴大

などは、ウイング、サイドアタッカーとして今後に期待したいところですよね。

個人的には宮市のあのスピードは凄いと思いますし、ロッベンみたいになってほしいと思っています。

僕の考えるウイングランキングはこのようになりましたが、みなさんはどう思われますか?

今後もウイングやサイドアタッカーにも注目してみてください。

よろしかったらこちらの記事<<W杯で世界と戦ったサッカー日本代表のサイドバック>>もご覧ください。