ミドルシュートの一番のコツはキック力!磨け!【サッカー】

ネット上にも、ミドルシュートがなかなかうまく打てない、ミドルシュートのコツは?

など、ミドルシュートを習得したいサッカー選手たちがいますね。皆さんはどうですか?

そこで今回は、ミドルシュートについて詳しく説明したいと思います。

コツはけっこうありますけど、一番のコツはキック力です。

ミドルシュートとは

ミドルシュートについては、こちらの記事でミドルシュートとその映像を確認していただきたいんですけど、

一般のサッカーでいえば、ゴールからおよそ20mくらいの中距離の位置からのシュートをミドルシュートと言います。

サッカーのピッチでいうとペナルティエリアの外側付近です。

引用:http://footballtactics.net

↑この図の白いエリアからのシュートがミドルシュートで、中学生以上のサッカーでは約20m、

8人制サッカー(小学生)ではペナルティエリアの外側付近は15mの位置です。

つまり、中学生以上のサッカーのミドルシュートの距離は20前後、

小学生のミドルシュートの距離は15m前後、

ペナルティエリアを基準にミドルシュートの位置と距離を覚えると良いと思います。

明確な線引きはありませんよ。だいたいここら辺からのシュートをミドルシュートと言います。

ちなみに、このエリアよりも遠い位置からのシュートは、ロングシュートと言います。

ミドルシュートとはゴールまでの距離を示したシュートだということを覚えておいてください。

 

それでは、エリアを確認しながら、ミドルシュートのお手本をご覧ください。

それと、今回のこの記事のテーマであるミドルシュートのコツと関係しますので、

ドリブル、ダイレクト、ボレー、というシュートの種類にも注目してください。

↑いやぁスカッとしますねぇ(笑)

本田圭、俊輔、井原、ドラゴンのシュートはミドルじゃないですよ、ロングですね。

井原のシュートなんかはワールドクラスですよ!テレビで観ていましたけど、大声が出ちゃったものです(笑)

 

はい、ミドルの距離から打たれるシュートは、

  • グラウンダーシュート
  • ループシュート
  • カーブシュート
  • ドライブシュート
  • 無回転シュート
  • ダイレクトシュート
  • ボレーシュート
  • オーバーヘッドシュート

という、どんなシュートでもミドルシュートの部類に入ります。

「ミドルレンジからのループシュート」とか「ミドルレンジからのボレーシュート」などと言われたりします。

どんな蹴り方、どんなシュートをしようが、

中学生以上であれば20m以上、小学生であれば15m以上、飛ばさないとミドルシュートはできないということになります。

20m以上、15m以上、飛ばすことができたとしても、へなへな飛んでいくボールではゴールは奪えません。

ペナルティエリアの外付近から、正確にコースを狙うコントロールできなければ、シュートは入りませんよ。

20m、15mという距離があり、ゴールまでには相手DF、GKが守ろうとしているわけですから、

簡単にカット、キャッチされちゃうようなキックではなく、

スピードがあり、コントロールされたボールを蹴る力、キック力、キックの技術が絶対に必要です。

ミドルシュートで悩んでいる選手は、自分のキック力、キックの技術に自信がありますか?

ミドルシュートとは、キック力、キックの技術が一番必要だということも覚えておいてください。

ミドルシュートの大事なコツ

この記事のテーマであるミドルシュートのコツを紹介しますね。

ミドルシュートのコツってけっこうあるんですよ。僕が知っている限り&重要度順に紹介しますので、

自分のサッカーの程度、スキルの保有レベルに応じて、参考にしてほしいです。

コツ1-まずはキック力

キック力をキックの技術と考えてください。

こちらでキックの種類を、こちらでは軸足の使い方についてを紹介しているんですけど、正しい蹴り方を習得することが必要で、ミドルシュートには最低でも正しいインサイド、インステップ、インフロントが必要になります。

正しいボールの蹴り方ができるようになったら、蹴ったボールのスピードor強度をupする技術、またコントロールする技術を習得しなければなりません。

このブログの記事で、シュートのスピードup、効果的なフォーム、コントロールupについてを紹介してますので、ご参照ください。

この正しい蹴り方、スピードアップ、シュートのコントロールが習得できれば、最低でも、中学生以上は40m以上、小学生は20m以上ボールを飛ばすことができるはずです(距離の目安はフィールドのゴールラインの長さの半分くらいです)。

こうなれば、誰でもミドルシュートを打つ技術が身についているということになります。

ミドルシュートを打つのに一番大事なコツはこのキック力です。

中学生以上の選手、小学生の選手でこのキック力が不足している人は、ミドルシュートが打ちたければ、このキック力を習得することが最低条件になります。

コツ2-シュートの意識

ミドルシュートを打つためのコツ、2番目に大事なのは、シュートの意識です。

ミドルシュートを打てるだけのキック力を持ったとしても、シュートを打たなければ意味はありません。

ミドルシュートを打つのか打たないのかの本質的な違いはなにか、シュートをするという考え、意識があるのかないのかということです。

このシュートの意識についても、「サッカーが楽しくなるシュート練習」「シュートのコツはメンタル」という記事で紹介していますので、ご参照ください。

このシュートというプレーの意識はFWだけでなく全ての選手が持っていなくてはなりません。

ミドルシュートの2番目のコツはシュートの意識です。シュートの意識があるかどうかが3番目のコツに影響します。

このコツは難しくないですよ、考えているか、意識しているかということだけです。

この意識を持ってプレーしているかどうかを自分で確認してみてください。

コツ3-タイミングと感覚

3番目のコツは、シュートをするタイミングと感覚(センス)です。

試合の中で、ミドルシュートを打つタイミングがわかっているか、ミドルシュートを感じとることができるかということです。

シュートはやみくもに、めくらめっぽうに打てば良いというものではありません。適正な、絶妙なタイミングがあるんです。

また、サッカーでは試合中の状況を分析して次の局面を予測するという知的なプレーも必要です。

例えば「このコーナーキックはミドルレンジにボールがこぼれてくるんじゃないか」というような予測です。

このタイミングと感覚をつかむために効果的なのは練習や試合の場数、つまりサッカーの経験です。

どれだけミドルシュートのタイミングを成功したか、失敗したか、

どれだけ周囲の状況や場面の状況を分析してプレーしてきたか、

この経験が適正なタイミングを知っている選手、状況判断ができる選手になることにつながるんです。

ミドルシュートのときのタイミング、感覚をつかむには、普段からシュートの意識をもってプレーしていると、より効果的につかむことができるんですね。

例えば、先ほどの映像の山口蛍選手のボレーシュートのシーン、あれトラップとかしてたらどうなります?

おいっ!って周囲がひっくり返るような気がしません?あれはダイレクトでシュートすることが絶妙のタイミングですよね。

また、ドラゴン久保のロングシュート、なにも考えずにシュートしたと思いますか?ふつうはあの位置からシュートしないですよ。

久保選手に聞いたわけではありませんで僕の勝手な解釈なんですけど、久保選手はGKの位置を確認していたんだと思います。GKのポジションが悪かったんじゃないですよ。

シュートの準備をしていないと判断したから、意表をついてシュートという選択をしたと思います。

普通の選手はやんないですよ、あんなシュートは(笑)。久保選手の感覚がシュートを打たせるんです。

蛍選手と久保選手のプレーでタイミングと感覚の例を示してみましたが、いかがでしょう。

「ここはミドルシュートのタイミングだ!」とわかってシュートできるかどうかは、シュートのタイミングを知っているか、シュートの感覚をつかんでいるかも大事なコツになります。

自分でつかんでいるかどうかを確認してみてください。

 

以上、まず、ミドルシュートを打つには一番大事なコツはキック力であり、続いてシュートの意識、タイミング&感覚ということです。

この3つがミドルシュート(に限りませんが)の本質、コツなのです。

これが満たされていれば、一般でも小学生でもミドルシュートは打てますよ。打てない方は、このどれかが足りていないんです。

ぜひ、自己確認をして、不足してるのであればコツを踏まえての練習が必要になりますね。

技術的なコツ

出典:https://www.activekids.com

ミドルシュートのコツはたくさんあると言いましたが、先ほどの3つの大事なコツに加えて、技術的なコツを紹介していきます。

ボールが浮かない、強いシュートが打てない、のはコツの一番大事なキック力が不足しているんです。

この場合はキック力を磨けばクリアできるんですけど、それまでの間インフロントキックでミドルシュートを打つことが有効です。

特に筋力が不足している小学生や中学生にありがちなんですけど、ボールが浮かないために相手DFにストップされるケースがありますよね。

この場合は、インフロントキックでボールを浮かすことがコツになります。

ただし、正しいキック力を身につける練習を怠ってはだめですよ。

 

逆に、ミドルシュートをフカしてしまいゴールを超えていってしまう、という選手もいますね。

これもキックの技術が不足しているケースです。低いボールを蹴るようにしなければなりません。

このケースでは、軸足をもっと前方に置く、上半身をボールに被せるようなフォームで蹴ることがコツになります。

軸足と上半身の使い方を意識して、普段から低い弾道のボールを蹴る練習で解消していきます。

また、ちょっと難しい技術なんですけど、ボールの上側を蹴るという方法もあります。

ボールが浮いてしまうのは、蹴り足がボールの下のほうに当たっているからなんですが、

このインパクトを敢えてボールの上のほうを蹴るという方法でグラウンダーのボールを蹴る(浮かさない)というコツもあります。

これはかなり高度な技術ですので、習得するのは難しいかもしれませんけど、技術的なコツのひとつではあります。

 

高校生くらいになると、キック力も、シュートの意識も、タイミングも感覚もつかんだ、でももっとミドルの威力を上げたい、という選手もいます。

正しいキック力のミドルをもっと強烈にするにはフィジカル強化がコツになります。

蹴り足のテイクバック、体全体を支える軸足、蹴り足の振り下ろしのスピード、上半身の反転?これらを強化するのが筋肉であり、筋肉を鍛えるのは筋トレですね。

下半身はもちろんですが、上半身(体幹)の筋肉を鍛えることがキック力のパワーアップにつながり、ミドルシュートが強烈になります。

このブログの中で、フィジカル強化、筋トレについて紹介していますので、ご参照ください

以上、ミドルシュートの技術的なコツを紹介しました。

ミドルシュートのコツというよりも、キックのコツだとわかりますでしょ?

このことからも一番大事なコツはキック力であり、このキック力を磨くことが、ミドルシュートを打つための絶対条件になるのです。

たくさんコツを紹介してきましたのでまとめておきます。

自分がミドルシュートを打つための本質、コツを踏まえているかを確認してください。

ミドルシュートのコツ

1.キック力、キックの技術

2.シュートの意識

3.タイミング&感覚

4.技術的なコツ

ボールが浮かない→インフロント

ボールが浮く→軸足&上半身の使い方+ボールの上側インパクト

威力up→フィジカル強化、筋トレ

ということです。

最後にJリーグ2017のミドルシュートの映像を載せておきます。

この記事で紹介してミドルシュートとは、ミドルシュートのコツを意識しながら、観察してみてください。

特に、こぼれ球なのか、相手をかわした瞬間なのかなど、タイミング&感覚をイメージしてみてください。

まとめ

以上、今回はミドルシュートのコツというテーマで、いくつかのコツを紹介してみました。

ミドルシュートで悩んでいる、困っている方は、ぜひ参考にしていただきたいです。

また、いろいろなコツを紹介してきましたが、個人的におすすめすのは、「シュートを打てる選手」になることです。

最後の映像、みんな思いっきり蹴ってますでしょ?

外しても良いんです、思いっきり打ち抜く!絶妙なコントロール!自分の得意なシュートを身につけ、観ている人たちを驚かせてください。

今回の記事が読んでくださった皆様のサッカーの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら過去記事の<<サイドハーフのボールの受け方は基本2つです【サッカー】>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。