ファーストタッチを磨け!トラップ&ターン【サッカー】

サッカーのボールコントロールにトラップがあります。

トラップは、次のプレーに繋げるために、ボールをどこに置くのかが目指すところです。

つまり、ファーストタッチコントロール技術が重要になるんですが、

今回は、究極のファーストタッチ、トラップ&ターンについて紹介してみたいと思います。

トラップとターンを再確認

出典:https://www.msn.com

トラップ&ターンの前に、トラップとターンそれぞれの目指すところ、コツなどを再確認しておきましょう。

 

トラップとは、

ボールコントロール技術のひとつで、

内容は、ボールを止めることとボールを正しい位置に置く(次のプレーのために)、

そして、トラップの方法にはクッションコントロールとウエッジコントロールがある、

ということです。

 

ターンとは、

ボールコントロール技術のひとつで、

内容は、ボールの方向を変えること、進行方向を変えること、

方法としては、基本的に足のインサイド、アウトサイド、足の裏を使う

ということです。

 

トラップの目的は、次のプレーを効果的にするためであり、ターンの目的は、相手にボールを奪われないため。

トラップもボールを奪われては意味がないし、ターンも次のプレーを効果的にするためにということも含まれます。

つまり、とても似ているプレーだよってことをお伝えしたいんです(笑)

 

この記事で紹介したいことのメインは、この似ているトラップとターンを同時にやることによって、

トラップの目的である次のプレーのために正しい位置にボールを置くということと、

ターンの目的である、相手にボールを奪われないということを、

素早く、効果的にやっちゃうという、質の高いトラップ、実戦的なトラップのことについてです。

 

質の高いトラップ、実戦的なトラップの大事なことは、ファーストタッチというやつです。

基本的なトラップにターンという技術を付け加えることがファーストタッチのポイントになります。

ファーストタッチを理解するために、再度、トラップとターンの本質を踏まえておきましょう。

プロのファーストタッチ

それでは、トラップ&ターンがどういうものなのか、覚えてしまいましょう。

まずは、プロの方々のプレーをみて、あーこれか!と確認してみてください。

 

次の映像で、選手たちのファーストタッチのプレーを確認してほしいんですが、

トラップの目的である、次のプレーのためにボールをどこに置いているかに注目してください。

いかがでしょう。

普通、ボールが自分に飛んできたときには、

ボールを止めて、ボールを移動させて、次のプレーに移る、という3つの活動をするのですが、

3つの活動とは

ボールを止める=ストップ

ボールを止める+ボールを移動させる=トラップ

ボールを移動させる(方向を変える)=ターン

映像のネイマールやルーカスなどはワンタッチでこの3つの活動をやっちゃってるということです。

サッカーのボールコントロール技術のいきつく先と言っても良いですね(笑)

ファーストタッチの重要性を感じていただきたいと思います。

 

そのファーストタッチのときのボールを置く位置は、

ボールに触るときにいろいろな状況によって、適正な位置が変わります。

例えば、自分がトラップをしようとしているときに、

相手がトラップの瞬間を狙ってボールを奪おうとアタックに来ている、

トラップ後、ターンした後を狙っている、

などによって、トラップの方法、ターンの方法は変わるんですね。

また、トラップした後自分がどんなプレーをするつもりなのかによっても変わります。

 

トラップやターン、そのためにどんなファーストタッチ、ファーストコントロールをするのかは、

周囲の状況を把握すること、次にどんなプレーが効果的かを考えることも影響します。

このことも覚えておいてもらいたいです。

トラップ&ターン

こんなのプロだからできるんだろ?

まぁ、こんな映像の芸術的なのはそうなんですけど、

このトラップしてターンをするというボールコントロールは、キッズでも高校生でもプロでも、

どのカテゴリーにしても、必要な技術で、けっこうやってるんですよ。

ファーストタッチの重要性はサッカーのレベルが違っても、変わらないんです。

 

ファーストタッチのボールコントロールを身につけるまでの段階を考えると、

やはり基本はトラップしてからのターンという技術だと思います。

サッカーの試合で、後方からパスを受けて、スムーズに前方を向けない選手を見かけますが、

そのシーンこそ、トラップ&ターンです。

もの凄く良い映像を見つけましたので、方向転換が上手にできない方は必ず見ておくべきです。

↑パスを受けるとき、どの位置でボールに触るのか、また、次のプレーをイメージしてボールに触っているか、

このことが、トラップのときに必要な考えです。

この映像のように、ボールを受けて、180°方向転換をする場合の、

トラップ、ボールの置きどころ、を考えれば、

自分よりも前方でボールに触るのか、後方でボールに触るのか、たったこれだけの違いなんですよ。

※この映像のワンタッチめも「ファーストタッチ」です。

とても、スムーズに方向転換ができていますよね。これが、トラップ&ターンです。

どの方向に向きを変えるかによって、ボールの置きどころは微妙に違うので、調整が必要になります。

このトラップ&ターンの質が向上していくと、

先ほどのプロの選手たちの必殺のファーストタッチになっていくんです。

紹介した映像から、トラップ&ターン、そのさきのファーストタッチ、ワンタッチコントロールはこんなもんだと覚えてもらいたいです。

まとめ

以上、今回はサッカーのボールコントロール技術であるファーストタッチ、トラップ&ターンについて紹介しました。

サッカーのボールコントロール技術において、最初にボールに触るファーストタッチはもの凄く大事です。

トラップのときにも、ターンのときにも、ファーストタッチが大きく影響します。

 

また、サッカーではボールを受けた後方向を変えるプレーは必須のプレーですから、

スムーズな方向転換のためには、トラップ&ターンというプレーが重要になります。

そのトラップ&ターンの質が上がっていくと、

ファーストタッチ、ワンタッチでトラップ&ターンをやっちゃうという実戦的な技術に発展していきます。

トラップの本質、ターンの本質を踏まえて、トラップ&ターンを、

また、そのさきの1発で相手を置き去りにできるワンタッチプレーができるようになりたいですね。

これらのプレーには、ファーストタッチがもの凄く大事だということを覚えておいていただきたいです。

 

今回の記事が読んでくださった皆様のサッカーの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら、関連記事の<<サッカーのターンとは?どれくらいの種類がある?>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。