サッカーは楽しい!そう感じる練習メニューを考えてみました

サッカー漬けの毎日だとサッカーを楽しいと感じなくなっていませんか?

練習に追われて、チームのメンバーについていくのがやっとで・・なんかを考えてしまい、

楽しいはずのサッカーが面白くないと思ったことはありませんか?

今回は、サッカーを楽しいと再確認できるような練習メニューのあり方を考えてみたいと思います。

なんで楽しくないんだろう

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、楽しいと感じるのはどんなときか、

楽しくないと感じるのはどんなときなのかということを振り返ってみませんか。

例えば、気の合う仲間と練習するのと、一人で練習するのをどう感じますか。

気の合う仲間と練習することが楽しく感じる人と、一人で練習することが楽しく感じる人といるのではないでしょうか。

逆に、仲間との練習に苦痛を感じる人もいれば、一人の練習をする気にもならない人もいるかと思います。

この違いはなんでしょう。

 

これは一人一人の考えが違うからです。

 

何が楽しくて、何が面白くて、何がつまらないのかは人それぞれの考えや価値観によりますので、

サッカーや練習が自分の考えとマッチしない状態であれば、満足できるものではなくなりますよね。

サッカーに限らず他のスポーツや勉強、仕事でも同じことだと思います。

つまり、楽しくないと感じるのは、考えていることとやっていることが釣り合っていないからではないでしょうか。

このことに加えて、釣り合っていない状態には、凄く練習しているんですけど、

なにも考えていないから楽しく感じることができないこともあるんではないでしょうか。

みなさんはどう思われますか。

 

僕も以前、サッカーに明け暮れていたころは、サッカー中心の生活になっていましたけど、

そのときのことを思い返してみると、あのきつい練習の毎日が、生活が、楽しいと思ったことはなかったですねぇ。

義務感といいましょうか、恐怖心といいましょうか、

とにかく練習しないとついていけなくなるという気持ちが強かったです。

ただ、そのときの目標といいましょうか、大会でそれなりの結果がでて引退したあとには、凄い達成感がありました。

それから何十年経っていますけど、今は、あのきつかった頃が楽しかったなぁと思いますね(笑)。

 

毎日毎日楽しいってことはないのかもしれません。

楽しくないことを経験することによって、楽しいと感じるときがあるのかなぁとも思います。

楽しむために必要なことは

よって、「楽しむ」ために必要なことは、「やる」よりも「考える」ことです。

考えてサッカーを、考えて練習をすれば良いんです。

何を考えればいいのか、目的を確認する、目標を設定する、テーマを設定するというのはどうでしょうか。

 

例えば、サッカーが上手くなりたい、それにはリフティングを100回できるようになれと言われた、周りの選手をみながらとりあえずやってみた、

けど何度やっても10回しかできない、リフティングってつまらない・・・のように楽しくなくなったり。

こういうときに、「リフティングのコツを誰かに聞いてみよう」という考えにはなりませんか?

1か月後に100回できるようにするために、練習日と練習時のテーマを決めて、

100回までの計画をたててみようという考えはどうでしょう。

やる気だけで始めてみて、上手くいかないからつまらなくなるということから、

何かを考えることによって、練習の取り組み方が変わると思います。

 

考えるっていっても、どうしても悪いほうへ考えてしまうという人もいると思います。

考えているんですから悪くないと思います。

ただ、考えることを止めるのではなくて、もう少し前へ進めてみてはどうでしょう。

例えば、相手選手と体がぶつかることが怖いから自分はだめだ、

ここで考えを止めるのではなく、だったら、できるだけぶつからないでプレーをできるようになりたい、

などの考えで練習するのはどうでしょうか。

「よし、ダイレクトプレーとパス&ゴーを極めよう」などと考えることができると思います。

 

サッカーを、練習を楽しむには、目標やテーマを設定するという考え方をすることをおすすめします。

目標を達成したり、テーマをクリアしていくと満足感が得られますので、必ず楽しいと感じられます。

一人で考えるのもよし、チームメイトや先輩後輩などと話をしながら考えるのもよしです。

 

僕は高校時代、同じ学年の補欠の選手(←超下手でもサッカー大好き)と、練習が終わった後、必ず2人1組のリフティングをしていました。

交互ヘディングのワンタッチで100回できるまでは帰らないというものでした。

最初はなかなか帰れなかったんですけど、2か月くらいすると早く帰れるようになりました。

調子にのった僕たちは200回に設定しました。

100回できるようになると200回なんてすぐにできてしまうんですね(笑)

テーマを設定して練習したという一例です。

練習の時のルーティーンでしたけど、この練習が僕は楽しかったです。楽しいと感じるメニューでしたね。

気分を変えるための練習メニュー

なんだか、不調、スランプ気味などのときには、気分を変えて楽しめる練習をすることが良いですね。

僕の経験に基づきますけど、楽しい練習メニューを紹介します。

2人でリフティング

↑またまた映像をお借りします。先に書きました、2人でやるリフティングのメニューです。

0:43~2人ヘディングが始まります。

この映像の方々は30歳になったので30回というテーマ設定をしてやってますね。

この何回やるっていうテーマ設定が大事です。ワンタッチでやることが盛り上がりますよ。

このワンタッチヘディングのリフティングは、この映像のように対面でやるのもよし、

グラウンドのゴールからゴールまで移動しながらというのも楽しいですよ。

↓上手になるとこんな感じになります。

一人で悩んでいる、ちょっとスランプに陥って一人で凹んでいる人にはもってこいのメニューですよ。

みんなでリフティング

↑ご存知、みんなで円になってリフティングです。

このメニューもテーマを設定すると盛り上がって楽しいですよね。

全国共通だとは思いますけど、このメニューは回数というテーマではなく、

ボールを落とした人が罰ゲームを受けるというテーマではありませんでしたか?(笑)。

僕のやっていたチームでは「デ〇ピン」で、ひどい人はおでこの一部が腫れたりしていました(←マネしないで下さい)。

しかも、このデ〇ピンを受けるのは、落とした人なのか、落とさせるために卑怯なことをした人なのかでジャッジが必要でした。

テーマの設定次第でたいへん盛り上がる?燃え上がる?メニューで、楽しいですよ。

チーム内のコミュニケーションが不足していたり、ぎくしゃくしているようなときには、ゲーム的な感覚でやってみると良いともいます。

このメニューもワンタッチが面白いですよ。

クロスバー当て

↑一人で練習することが好きな人にはこのクロスバー当てはどうでしょう。

一人でやっていても、連続で当たると腹の底から喜びがふつふつと沸き上がってきますよ(笑)。

僕は中学時代に、ペナルティエリアのラインからで6連続で当てたことがあります(僕以外誰も見てませんけど)。

この映像の人は凄いっす。

自主練は自分の考え次第で楽しくもなり逆もあります。

自主練で行き詰ったりした人は、ときどき気晴らしでこのメニューをやってみてはいかがでしょう。

ちなみに、チームのメンバーとやっても盛り上がりますよ。

↓日本代表もやっています。

まとめ

今回は、サッカーは楽しいと再確認できるというニュアンスで、おすすめの練習メニューを3つ紹介しました。

毎日サッカーに没頭していると、楽しいはずのサッカーがそう思えなくなることがあります。

ですが、それは選手一人一人の考え方次第で解消できます。

目標やテーマを設定したり、たまには気分を変えるためにレクリエーション的なメニューを取り入れて、

楽しいということを感じられる場面があると良いと思います。

 

この記事が読んでくださった方の参考になればうれしく思います。

過去記事の<<コーンを使ってできる練習を4つ紹介します【サッカー】>>もご一読ください。