サッカーのポジション「トップ下とST」の違い

サッカーのポジションについて「違いがよく分からない」ってことはありませんか?

ポジションの名称が英語、ポルトガル語、イタリア語などが混ざり合って分かりにくいですね。

今回は「トップ下」と「セカンドトップ(以下「ST」とします)」違いと役割を確認しましょう。

役割が重なっていて曖昧なところもありますが、違いをしっかりと覚えて、サッカーを楽しみましょう。

トップ下とSTの違い

こちらのフォーメーション図を見比べてください。

上が4つのポジションを示したフォーメーション図で、

下が役割を示したポジションのフォーメーション図になっています(トップ下よりも後方はどうでもいいです)。

下図で前線のトップ、セカンドトップ、トップ下を位置関係を確認して、上図のどのポジションに属するかをみてみると、トップ下とSTの違いが分かると思います。

【違い1】STはFW、トップ下はMF

STのポジションはFWに属します。

主に2トップ(FWの選手が2人)の選手配置の時にFWの役割を分担することでできるポジションです。

FWが3人の配置や1人の1トップの配置の時にはSTというポジションは原則ありません。

2トップの場合のファーストトップ?であるCFに対して2人目、2番目のFWという意味でSTが成り立ちます。

また、戦術上2トップをフラットに配置するのではなく、意図して1人を少し引き気味にポジションをとることで成り立ちます。

乱暴に言うと「2トップの片方」「2トップの引き気味の方」という表現が分かりやすいかもしれません。

 

トップ下のポジションはMFに属します。

言葉のまんまですがトップのすぐ下にポジションをとることから「トップ下」なのでしょう。

主にトップ下は、FWが2トップ、1トップの時にそのすぐ後ろ、下に、また、MF陣の中では最も前線にポジションをとります

トップ下は1人で担当します(トップ下が2人という配置はないです)。

【違い2】STは英語、トップ下は日本語

STは「second top」という英語です。

似たような呼称にセカンドストライカー、シャドーストライカーなどがあります。

この英語による呼称は全世界で通じるはずです。

ですから、FWのうち役割を強く示すポジション名だということです。

 

対して、トップ下というのはばりばりの日本語で「アンダートップ」などという英語が訳されたわけではありません。

トップ下を外国ではアタッキングMF、オフェンシブハーフ、ボランテオフェンシーボなど「攻撃的MF」という呼称をしているようです。

トップ下とはフォーメーション上の配置から命名されたんだと思います。

【違い3】役割はすごく似ている

STの役割は、第一に得点をすること、第二に決定的な得点チャンスを創り出すことです。

トップ下の役割は、第一に決定的な得点チャンスを創り出すこと、第二に得点することです。

役割はほぼ同じで役割の比重が違うということです。

明確に分けるとすれば、

STは得点をすることが求められ、

トップ下はCFやSTが得点をするための決定的なチャンスを創り出すこと、

を求められるということが役割の違いでしょう。

【違い4】プレーの特徴もすごく似ているけど

  • STのプレーの特徴
  1. CFの周囲を動き回り、ラストパスを受け、得点を狙う
  2. CFとのコンビネーションが多い
  3. CFと比較したとき、ゴールの方向を向いてプレーすることが多い

 

  • トップ下のプレーの特徴
  1. 決定的なチャンスを創り出すために、パス、ドリブルを多く使う
  2. FWとのコンビネーションが多い
  3. CF、STよりもゴールの方向を向いてプレーすることが多い

 

STもトップ下も直接得点に繋がる決定的な攻撃を担当しているので、

プレーの特徴は非常に似ていて、曖昧なところもあります。

やはり、それぞれの役割が、得点をすること、チャンスを創り出すことという違いから、

必要とされるプレーの比重が少し違うということになります。

STはフィニッシュを担当することが多いので、ボールを持たずにCFの周辺を動き回るプレーが多いのに対し、

トップ下はFWの少し後方から、CFやSTに得点させるためラストパスを送るなど、ボールを持ってプレーすることが多いことも違いのひとつです。

 

プレーの特徴としてもうひとつ、STもトップ下も攻撃の最終局面を担当するということから、

当然得点も求められますが、アシストも求められます。

試合の結果として得点とアシスト数を比較したとき、

STはアシストよりも得点が多く、

トップ下は得点よりもアシストが多くなる傾向にあります。

この違いもSTとトップ下のプレーの特徴と言えるでしょう。

 

このようにSTとトップ下の違いをあげてみました。

  • S  T→ポジションはFW→ 由来は英語 → 得点をすること     →CFの周辺を動き回る
  • トップ下→ポジションはMF→由来は日本語→チャンスを創り出す→FW後方でボールを扱う

ということです。

STやトップ下の役割や必要なプレーの特徴は作戦や戦術などにより変更したりしますが、

まずは、それぞれのポジションとその違いはこのように覚えておくと良いでしょう。

STとトップ下の役割が曖昧

例えばの話ですが、フォーメーションによってはこんなことになりかねないんですねぇ。

これは4-5-1のフォーメーションです。FWが1人の1トップの配置になります。

その1トップの真下に攻撃的なMFを配置したら、この選手がトップ下ということになります。

1トップですからSTが配置されないということになります。

こうなった場合、トップ下の役割はSTの役割を兼ねるということになり

2トップの時のトップ下の役割よりも、STのプレーが求められるトップ下になるのです。

ややこしいでしょ?(笑)

このように、STとトップ下というのはとても似ている役割のポジションであり、

試合の局面やチームの戦術等の状況によって、プレー内容や役割が区別されたり重複したりするのです。

このことも覚えておくと良いでしょう。

STとトップ下の代表的なプレーヤー

STとトップ下の代表的な選手は?で、それぞれのポジション、役割の違いをイメージできればと思います。

先に述べましたが、STやトップ下の役割や特徴は、戦術や作戦によって微妙に違いがありますが、この記事で説明してきた違いを基本にしています。

日本代表でいえばSTが岡崎で本田圭がトップ下というようなニュアンスです。

ST

メッシ、ネイマール、C・ロナウド、R・バッジョ、デルピエロ、岡崎、香川、カズ

トップ下

ハメス・ロドリゲス、ウェズレイ・スナイデル、ジダン、カカー、本田圭、ヒデ、シュンスケ

ん~難しいですね。

STはもともとWGの選手が多いし、トップ下はイニエスタとかアザールあたりの取り扱いが悩ましいところです。

ここでは、STはそもそもFWの選手であり、2トップのときにターゲットとなるCFがいるということを根拠とし、

トップ下はそもそもMFの選手で、ピッチの中央部でのプレーを中心としていることを根拠にしました。

 

ん~賛否両論ありそうですが、

STはターゲットのCFと2トップを形成していてその周りをウロチョロしているというニュアンス、

トップ下はFWのすぐ後ろの中央部で攻撃に専念しているというニュアンスで示してみました。

違いがイメージできます?イメージできなかったらごめんなさい<(_ _)>

まとめ

今回は、サッカーのポジションのSTとトップ下の違いと役割、プレーの特徴を解説しました。

非常に似ていて理解するのにややこしい部分がありますが、この記事で違いを分かってもらえればと思います。

まとめておきますと、

  • S  T:FW(得点をとることが仕事~例メッシ)
  • トップ下:MF(チャンスを作ることが仕事~例ハメス・ロドリゲス)

「あ、この選手はSTだな」「このトップ下は凄いな」みたいな感じで観てみると、

少しサッカーが楽しくなると思いますよ。

過去の記事<<サッカーがよくわかる「ポジション」について解説します>>も一読いただければと思います。