久保建英ビジャレアルへ!どんなチームなのか予習しておきましょう!

我らが日本サッカー界の希望の星、久保建英

2019-20シーズンはRマドリードに移籍し、マジョルカにレンタルされましたね。

マジョルカでの活躍が評価され、欧州各国のクラブチームが、久保くんを欲しがったようですが、

2020-21シーズンは、ビジャレアルでプレーすることになりそうです。

と!いうことで、ビジャレアルについて予習しておきましょう!!

ここでは、久保建英がプレーするサッカークラブ「ビジャレアル」について紹介します。

久保くんの背番号が決まったら、ユニフォーム買いますよ!!(笑)

 

 

サッカークラブを覚えるのも楽しいですよ

ビジャレアルの前に、ちょっと記事の主旨をちょっとだけm(__)m

このブログで、私が勝手に応援しているサッカー選手が、所属するサッカークラブを、ときどき紹介しています。

このサッカークラブ、サッカーチームを紹介するのは、

サッカーに興味がある方に、サッカーの面白い部分でもある「クラブチーム」を覚えるお手伝いがしたいのです(笑)

過去に、

久保建英がレアルマドリードへ!

久保建英がマジョルカへレンタル!

冨安健洋ボローニャへ!

中島翔哉は名門ポルトへ!

大迫勇也は運命?のブレーメンへ!

そして南野拓実は世界最強のリヴァプールへ!

↑こんな感じで、全くの私見による、クラブチームを紹介させていただいていますm(__)m

好きなサッカー選手がプレーするのを機に、

サッカークラブ、サッカーチームを覚えていくのも、サッカーのひとつの楽しみではないかと勝手に思っています(笑)

 

で!

日本はもとより、国外からも注目されている、我らが久保建英が、2020-21シーズンにプレーするのがビジャレアルということになりそうですので、

ついでにビジャレアルというサッカークラブも覚えちゃいましょうよ!

個人的経験や全くの私見によりますけど、ビジャレアルというクラブを紹介したいと思います。

 

 

久保建英がプレーする「ビジャレアル」

のっけから、全くの私見でいかせていただきますが、

「スペインの真っ黄色いチーム」

「ときどき強い」

↑のが、ビジャレアルです!(笑)

ビジャレアルってこんなサッカークラブです。

出典:https://www.villarrealusa.com/

 Villarreal Club de FútbolビジャレアルCF

愛 称: El Submarino Amarillo(イエローサブマリン)
ホーム: ヴィラ・レアル(スペイン)
創 設: 1923年(大正12年)
スタジアム: エスタディオ・デ・ラ・セラミカ(25,000人)

国内タイトルなし

  • プリメーラディビジョン最高2位
  • 国内カップ最高ベスト4

 

国際タイトルなし

  • UEFAチャンピオンズリーグ最高ベスト4
  • UEFAヨーロッパリーグ最高ベスト4(←3回)

※UEFAインタートトカップでの優勝は2回。

↑と、こんな感じのチームです。

いわゆる、スペインの最高峰のサッカーリーグ「プリメーラディビジョン」、

またスペインの国内カップ戦である「コパ・デル・レイ」、

つまり、スペイン国内でタイトルを獲ったことがありません。

・・・ま、これは、スペインでは致し方ないことでして、

スペインでは、ほぼほぼ、Rマドリーとバルサが優勝し、

たまーに、アトレチコやバレンシアが優勝できる・・・というようなお国事情ですので、

ビジャレアルに限らず、スペイン国内でタイトルを獲るというのは、なかなか難しいんですよね。

 

なんだ、あんまり強くないクラブに行くんだな、久保建英は!

いや、さにあらず!

ビジャレアル、ときどき、まあまあ強いクラブなんですよ。

 

創設は1923年ですから、約100年の歴史があるクラブですが、

ビジャレアルが強くなったのは、2000年を過ぎた頃からです。

 

ビジャレアルの国内リーグのプリメーラディビジョンでの好成績をピックアップしてみますと、

  • 2004-05:3位
  • 2006-07:5位
  • 2007-08:2位
  • 2008-09:5位
  • 2010-11:4位

↑と、2004~2010年ほどの期間は、リーガのベスト5に入る好成績です。

また、

  • 2013-14:6位
  • 2014-15:6位
  • 2015-16:4位
  • 2016-17:5位
  • 2017-18:5位
  • 2019-20:5位

↑近年も、常にリーガ上位の成績を収め、スペインのクラブの代表として欧州の国際大会に出場し続けているんですね。

 

特に、2005-06シーズンは、

クラブのレジェンドである?ディエゴ・フォルランリケルメを擁し、

UEFAチャンピオンズリーグ初出場で、ベスト4に進出する大旋風を起こしました!

ビジャレアル史上、最高の成績、最も強かったのが、2005-06シーズンと言えるでしょう。

 

2000年を過ぎた頃から、スペイン国内リーグで上位成績を収めるので、

UEFA主催のUCLやUEL出場の常連となっています。

 

繰り返しますが、スペイン国内でも、欧州の舞台でも、ビジャレアルはタイトルを獲ったことがありません。

が!2000年を過ぎた頃から、急激に力をつけ、

スペイン国内で上位成績を収め、スペインのクラブを代表して欧州の舞台で活躍している、

これが、ビジャレアルというサッカークラブなんですね。

弱くないんですよ!まぁまぁ強いんです!(笑)

 

ビジャレアルは2020-21シーズン再び欧州の舞台へ!

久保建英がマジョルカでプレーした2019-20シーズン、

マジョルカはリーグ19位となり下部リーグへ降格してしまいましたが、

ビジャレアルは5位という結果でしたので、2020-21シーズンはUEFAヨーロッパリーグ(UEL)へ出場します。

つまり、久保建英は、ビジャレアルのメンバーとして、UELに出場することになります。

 

日本人選手のUELというと、

小野伸二(当時フェイエノールト)が優勝、

酒井宏樹(マルセイユ)が準優勝(←酒井宏樹は怪我のため?決勝に出場できませんでした涙)

南野拓実(当時ザルツブルグ)と長谷部誠(フランクフルト)がベスト4進出、という結果を残しています。

久保建英の所有権はレアルマドリードのままですが、

2020-21シーズンにどこでプレーするのかと考えたときには、

久保建英を欲しがる多くのクラブの中から、UELの出場権をもつビジャレアルに決めた!!と考えられます。

久保建英とビジャレアルのUEL挑戦、どんな成績となるでしょうか、大注目ですよ。

 

 

ビジャレアルで活躍した選手

そんな久保建英がプレーするビジャレアルがどんなサッカーチームなのか!をうかがうときに、

過去にビジャレアルでプレーした選手、活躍した選手をピックアップしてみます。

こんな凄い選手がプレーしていたのが、ビジャレアルであり、

凄い選手がプレーしていた時代のビジャレアルが強かった!ということがイメージできるかもしれません。

私選ですが、ビジャレアルのレジェンドたちを確認しておきましょう。

 

マルコス・セナ(2002-2013)

出典:https://www.sportsmole.co.uk/

ブラジル人ながらスペイン国籍を取得し、スペイン代表でも活躍したマルコス・セナ

ビジャレアルでの在籍は2002-2013の11シーズン、292試合に出場。

セナの在籍期間が、正しく、ビジャレアルが強くなった時期と合致しています。

ビジャレアルのピッチの中央には常にセナがいて、

UCLベスト4にも、プリメーラ2位にも、中心選手として活躍しました。

マルコス・セナはビジャレアルのレジェンドだと思います。

 

ファン・ロマン・リケルメ(2003-2007)

出典:https://matiascapilla.wordpress.com/

ビジャレアルのレジェンドは誰?となったとき、サッカー好きの方は、真っ先にリケルメの名前を思う浮かべられるのではないでしょうか。

・・・うまっ!!

ってなります、リケルメを観ていると(笑)

リケルメは、ビジャレアルの最強の時期のチームのエースでした。

こんな凄い選手が在籍したのがビジャレアルというクラブなんですよねぇ。

ま、久保建英がプレーすることになってビジャレアルが注目されています、

ビジャレアルと言えば、リケルメという天才がいたなぁと思い出しました(笑)

まぁ、観てみてください。

 

ディエゴ・フォルラン(2004-2007)

出典:https://www.dreamteamfc.com/

セレッソでプレーしてくれたディエゴ・フォルラン

セレッソに加入するちょうど10年前に、ビジャレアルに移籍しています。

フォルランは、ピチーチ賞(プリメーラディビジョンの得点王)を2度獲得していますが、

はじめて得点王に輝いたのがビジャレアルでプレーしたころであり、

ビジャレアル史上唯一のピチーチ賞が、フォルランなんですね。

やはり、UCLでビジャレアルをベスト4に導いた立役者。

フォルランもビジャレアルのレジェンドです。

 

ディエゴ・ゴディン(2007-2010)

出典:https://bola.okezone.com/

↑こちら、若き日のディエゴ・ゴディンです。

その後、世界最高のセンターバックと評価されることになるゴディンですが、

欧州で所属した最初のクラブがビジャレアルです。

ゴディンが加入した年に、ビジャレアルは、リーグ2位という最高成績を収めるのです。

 

マルティン・パレルモ(2001-2003)

ビジャレアルのレジェンド、最後にもう一人だけ、どうしても!紹介させていただきたいです。

セナやリケルメ、フォルラン、ゴディンほどは、ビジャレアルで活躍していません。

パレルモというアルゼンチンの選手をご存知ですか?

アルゼンチンに凄いストライカーがいる!それがパレルモ。

そのパレルモが欧州ではじめてプレーしたのがビジャレアルです。

が!ぶっちゃけ!欧州ではあまり活躍できませんでした。

アルゼンチンでは点を取りまくり、大人気のパレルモは、欧州の水が合わなかったのかもしれません(笑)

ただし!こんな面白い、話題に事欠かない選手は、そうはいませんよ!

ここでは映像をお借りして紹介させていただきます。

  • 1試合中にPKを3回失敗した男
  • 38mヘディングシュートを決めた男
  • ・・・趣味が女装・・・

↑などなど、凄い選手なんですよ!

↑ね!(笑)

パレルモもビジャレアルのレジェンド入りさせても良いですよね?(笑)

 

以上、過去にビジャレアルでプレーしたレジェンドたちを紹介しました。

  • セナ
  • リケルメ
  • フォルラン
  • ゴディン
  • パレルモ

↑こんなスター選手、世界的なビッグネームになる選手がプレーしていたのはビジャレアルというチームです。

我らが久保建英も、ビジャレアルでレジェンド級の活躍してほしい!!

あ!パレルモではなく、リケルメやフォルランのような!(笑)

 

 

まとめ

以上、ここでは、ビジャレアルというサッカークラブについて紹介しました。

2020-21シーズン、久保建英が、黄色いユニフォームを着て、プレーしてくれると思います。

紹介しました、ビジャレアルのレジェンドたちと肩を並べるくらいの活躍を期待しています。

久保建英、ビジャレアル、目が離せませんよ!!

 

今回記事が読んでくださったみなさんのサッカーの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。