【祝天皇杯8強】ホンダFCは強い!どんなサッカークラブ?

令和元年の天皇杯サッカー、強豪Jリーグチームを押し退けて、JFLのホンダFCがベスト8に進出しました!

Jのサッカークラブが天皇杯でベスト8に進出するのは12年ぶり(←このときもホンダFCですけど)。

ホンダFCってどんなサッカークラブなのか?

今回は、ホンダFCの歴史やこれまでの実績を振り返り、強いホンダFCに注目してみましょう!

ホンダFCとは

出典:http://www.honda-fc.gr.jp/

ホンダFCのプロフィールなどを簡単に紹介します。

  • 名   称:本田技研工業フットボールクラブ
  • 呼   称:HondaFC
  • 創   設:1971年
  • ホーム:静岡県浜松市
  • スタジアム:ホンダ都田サッカー場
  • 所属リーグ:日本フットボールリーグ(JFL)

↑クラブができたのが1971年ですので、約50年の歴史を誇るサッカークラブです。

本拠地が静岡県浜松市、サッカー王国静岡でも古くからサッカーの盛んな地域ですね。

所属リーグがJFL、日本サッカーの格付け?で言えば、J1→J2→J3→JFLという構図になりますけど、強いホンダFCがJFLに所属しているのには理由があります。

ホームスタジアムがホンダ都田サッカー場(収容4,000人)でして、

日本国内では珍しい「サッカークラブが所有しているスタジアム」です、さすが日本最強の企業サッカークラブですね。

 

ホンダFCは、「最強のアマチュア」と評価されたりしますが、

Jリーグ(←プロのサッカー)加入を目指さないサッカークラブだからです。

ですので、どんなに強いサッカークラブであっても、Jリーグ入りを目指さないクラブの最高リーグがJFLになります。

ホンダFCのようにJリーグ入りを目指していないJFL所属のクラブは、他にも、ソニー仙台FC(宮城県)やホンダロックSC(宮崎県)などがあります。

これらのクラブは「実業団チーム」と呼ばれたりするんですが、いわゆる「企業チーム」なんです(クラブの冠に企業名がついています)。

ホンダFCは本田技研工業という企業のサッカー部なんですね。

 

企業のサッカークラブとなると、その選手たちは企業の社員さんなのが通常なんですが、

ホンダFCの監督や選手の中にはプロ契約を結んでいるケースもあるようです。

ホンダFCの公式サイトで確認してみると、誰が企業の社員さんで誰がプロの選手かの区別はつきませんけど、

例えば、2019年ホンダFCの背番号10の古橋達弥はC大阪、山形、湘南などでJ1でプレーした選手ですし、

他にもJリーガーだったり、Jリーグ下部組織出身の選手たちが揃っています。

これらの所属選手から、ホンダFCが強いのもうなずけます。

 

これは、完全な私見になるんですけど、

ホンダFCが強いサッカークラブであることの理由に、その地域性が関係していると思っています。

ホンダFCの本拠地である浜松市は、サッカー王国静岡県の西部に位置しますが、

清水&静岡&藤枝と磐田&浜松というこの2つのエリア(静岡県中部・西部)は特にサッカーの強い地域で、昔からサッカーの盛んな地域です。

清水にはエスパルスが、磐田にはジュビロというJ1クラブができて、

Jリーグが目指すところの「地域のサッカー文化の育成?」の体制がさらに整ったと言えるんですが、

浜松地域の最強クラブは昔からホンダFCであり、

企業のサッカー部でありながら、地域密着型のクラブを目指した活動をしていて、

下部組織を持ち、スクールを開催するなど、Jのクラブと同じようなクラブ運営をしているんです。

つまり、ホンダFCは、昔から浜松地域のサッカー文化に大きく貢献している(←のではないかと思っています笑)サッカークラブで、

しかも!Jリーグを目指さない実業団チームなんです!!

・・・なんか・・・かっちょいいじゃないか!ホンダFC!! その生き様が!!!

と思ってしまうんですが、みなさんはいかがでしょう?(笑)

 

ちなみに、Jを目指さない、最強のアマチュア、ホンダFCですが、これまでに2度ほど、Jリーグ入りを目指したことがあったようです。

また、「Honda」のつくサッカークラブとして、ホンダロックSC(宮崎県)やホンダルミノッソ狭山(埼玉県・活動停止中)があります。

ホンダFCの歴史と所属した選手たち

こんなアマチュアリズムを貫くホンダFCは、昔からまぁなぁ強いクラブでした。

ホンダFCを知るのに、サッカーに関する歴史、経緯や所属した選手たちを確認してみましょう。

 

Jリーグが始まる前の日本国内の最高リーグは、日本サッカーリーグ(JSL)です。

その時代のJSLは、

  • 東洋工業(サンフレッチェの前身)
  • ヤンマー(C大阪の前身)
  • フジタ工業(ベルマーレの前身)
  • 読売クラブ(ヴェルディの前身)
  • 日産自動車(マリノスの前身)

などが強くて、ホンダFCのJSLでの最高成績は3位(←2度)という実績です。

この時代のホンダFCは、↑東洋工業やヤンマーなどと比較すると、強いクラブとは言えないクラブでした。

 

1992年にJリーグが創設されると、日本国内のサッカーリーグの再編成が行われるわけですが、

現JFLリーグに定着するまでに10年間で数回の編成が行われるリーグ(旧JFL)時代には、

10回のリーグ開催で、優勝3回、2位2回というリーグ屈指の強いクラブになりました。

 

そして、2002年に現行のJFLが行われるようになって、定着して現在に至りますが、

この間17回(2019年で18回目のリーグ)のリーグが開催され、

優勝7回、2位2回、3位1回、最低順位が7位(18チーム中)という圧倒的な実績を残しています。

17回の開催の間に、Jリーグ加入を目指すクラブが、JFLに所属するため、

プロの選手を揃えた町田、長野、讃岐、鹿児島などのクラブと対戦したりするんですね。

ホンダFCはJFLで優勝したとしてもJ3に昇格しませんので、

まさに、「JFLの盟主」「最強のアマチュア」という称号がぴったりだと思います。

また、「Jの門番」とも称され、Jを目指すクラブは、ホンダFCを乗り越えていかなければならない状況にあるんです。

 

ホンダFCに所属していた選手たちも凄いメンバーが揃っていますよ。

特に、Jリーグが始まるときには、Jに参入しないホンダFCから、大量の選手がJのクラブへ移籍しましたし。

有名選手を一気に羅列していきます。

  • 黒崎 久志(元鹿島・日本代表)
  • 長谷川 祥之(元鹿島)
  • 北澤 豪(元ヴェルディ・日本代表)
  • 石川 康(元ヴェルディ・日本代表)
  • 呂比須ワグナー(元日本代表)
  • 松浦 拓弥(元磐田・Honda下部組織出身)
  • 村松 大輔(元清水)

もちろん、まだまだたくさんのJリーガーたちがホンダFCに所属していたんですが、有名どころではこの選手たちでしょうか。

黒崎、長谷川、北澤、石川、などは、Jリーグ開幕当時のスター選手たちで、日本代表の面々でもあります。

 

Jリーグが開幕してから、JFLのクラブから日本代表に選出されることは、ほとんどないんですけど、

ホンダFCからは、1992年に石川康がバルセロナ五輪代表に、2008年のAFCユースの日本代表に村松大輔が選出されています。

アンダー世代の日本代表ですが、Jのクラブ以外から日本代表に選出されることは凄いことです。

 

このように、ホンダFCの実績、所属していた選手などからも、ホンダFCの強さがうかがえると思います。

ホンダFCのこれまでの天皇杯

最強のアマチュア、Jの門番、であるホンダFCの目標の1つが「天皇杯優勝」だと思われます。

しかし、さすがに強いホンダFCでもJのクラブに勝つことはそう簡単なことではありませんよ。

しかも、ホンダFCがJと真剣勝負できる機会は天皇杯しかありません、天皇杯は一発勝負ですからね。

・・・ところが、ホンダFCのこれまでの天皇杯での実績を振り返ってみると、これが凄いんです。

紹介する前に言っておきますけど、

「まぐれ」で何回もJのチームに勝つことはできませんよ(笑)

 

まず、2019年の天皇杯ですが、ホンダFCは既にベスト8に進出していますけど、

  • 札幌(J1)2-4〇
  • 徳島(J2)0-2〇
  • 浦和(J1)0-2〇

と、J1の2クラブ、J2のクラブ、Jのクラブに3回も勝っているんです!

まぐれでこんなことが起こりますかねぇ。

しかーし、次は鹿さんチーム!! ジャイアントキリングを許したことがない?容赦なしのチームです(笑)

ホンダFCが鹿島に勝つことができたら、天皇杯優勝が見えてくるかもしれません。

次のホンダFCvs鹿島は大注目になりますよ!

 

2007年の天皇杯でホンダFCはベスト8に進出しています。

このときもホンダFCは、

  • ヴェルディ0-1〇
  • 柏0-1〇
  • 名古屋0-2〇
  • 鹿島1-0●

とJを3つ倒しました、そして、この年の天皇杯チャンピオンになる鹿島に、延長の末敗れました!!

正にホンダFCにとって鹿さんは鬼門?であり、2019年はリベンジの機会でもあるんです。

ホンダFCがベスト4に進出できるか、繰り返しますけど、大注目です!!

 

現JFLが始まった2002年以降の、ホンダFCが出場した天皇杯でみてみると、

J以外のチームに負けたことがなく、ホンダFCをやぶるのは全てJのクラブです。

天皇杯で最もたくさんホンダFCを倒したJクラブは鹿島です(笑)

  • 2006年 鹿島4-0ホンダFC(4回戦)
  • 2007年 鹿島1-0ホンダFC(ベスト8)
  • 2018年 鹿島6-1ホンダFC(2回戦)

そして、2019年初のベスト4進出を目指して、4度目の鹿島アントラーズとの対戦となります。

ホンダFCは鹿さんを乗り越えられるのか、鹿さんがまたもや立ちはだかるのか!

ホンダFCのサポーターさんの心境や如何に、鹿さんサポーターさんは余裕か?(笑)

 

このように、最強のアマチュアが、天皇杯でJクラブに挑み、たくさんのJクラブを倒してきましたけど、

ホンダFCの念願をことごとく打ち砕いてきたのが鹿さんチーム、という天皇杯でもあるんですね。

さあ、4度目の挑戦はどうなるか、楽しみですよね。

まとめ

以上、今回は、2019年の天皇杯サッカーでベスト8に進出したホンダFCについて紹介しました。

「最強のアマチュア」「Jの門番」という異名をもつ強いホンダFC。

今後の活躍にも注目してきたいとことですが、

さしあたっては、次の天皇杯での鹿島アントラーズとの対戦!

Jが始まるときに、大量にホンダFCの選手が鹿島に加入しました←因縁?(笑)

これは絶対に見逃せませんよ。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのサッカーの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

ブレーメンはどんなサッカークラブ?大迫が頑張っているドイツの名門!

マジョルカってどんなサッカークラブ?久保建英がプレーしますよ!

ボローニャFCの歴史や選手を振り返っておきましょう【サッカー】

最後まで読んでいただきありがとうございます。