サッカーのポジション「ボランチとアンカー」の違い

さあ、このブログでのポジションシリーズです。今回は「ボランチ」と「アンカー」についての違いを確認しましょう。

以前にも説明しましたが、サッカーのポジションが英語やポルトガル語、スペイン語などで呼ばれることが多くなってややこしくなってしまいました。

違いや役割が分かり、すっきりして、サッカーにますます興味が出てくると良いですね。

ボランチとアンカーの違い

今回は結論から言います。

アンカーはボランチの一部です」

ボランチの役割の一部にアンカーという役割があります」

ということです。以下、詳しく説明していきます。

【ボランチはポルトガル語、アンカーは英語】

まず、言語についてですが、ボランチ(volante)はポルトガル語でありブラジルで守備的MFのことを指します。

アンカー(anchor)は英語なのですが、ブラジルの守備的MFであるボランチとは少し違う意味のようです。

比較してみましょう。

  • <<MF>>
  • 英語「Midfielder」(ミッドフィルダー)
  • ポルトガル語「Meio Campista」(メイオ・カンピスタ)

 

  • <<守備的MF>>
  • 英語「Defensive Midfielder」(ディフェンシブ・ミッドフィルダー)
  • ポルトガル語「Volante」(ボランチ

 

  • <<守備的MFのうち特に守備を専門に行う役割のMF>>
  • 英語「Holding Midfielder」(ホールディング・ミッドフィルダー)←別名「Anchor」(アンカー
  • ポルトガル語「Primeiro Volante」(プリメイロ・ボランチ)

と、どうもこういうことらしいのです。

僕たちが言語の違うサッカー用語をごちゃ混ぜにして使っていることでこんがらがっているのではないでしょうか。

しかもアンカーって別名って(笑)。こういう調子だと(個人的な考えなんですけど)実はボランチっていうのも別名なのではないかと思えてきました(笑)。

言語について考えていくと、このように守備的MFのことをボランチ(英語ではディフェンシブ・ミッドフィルダー)と言い、

そのボランチというポジションの役割のひとつに別名であるアンカー(実際はホールディング・ミッドフィルダー)があるということですね。

もう、皆さんもご存じだとは思いますが、ボランチは「ハンドル」を意味しアンカーは「錨」を意味します。

ハンドルは操る、錨は固める・安定させるということでしょうか(←これは僕の勝手な解釈です)。

【ボランチとアンカーの特徴】

ボランチとアンカーの特徴を確認してみましょう。まず、ピッチ上、フォーメーション上の配置についてです。

図が小さくてみにくいかもしれませんが、左から1ボランチ、中が2ボランチ、右が3ボランチになります。

ボランチはフォーメーションではMF陣の中央部の後方、ディフェンスラインのすぐ前方にポジションをとるのが特徴のひとつです。

チーム毎のサッカーの作戦や戦術によって人数が変わります。

1ボランチは別ですが、2ボランチ、3ボランチの場合は、ボランチが同じ役割でプレーしても意味がありませんで、ボランチの役割が細分化されます。

この細分化されることもボランチというポジションの特徴のひとつでしょう。

では、フォーメーション上、ポジション上のアンカーの特徴は?と考えたとき、アンカーはボランチの一部ですから、特徴はボランチと同じということになります。

ただ、ポジションとしてアンカーという効果を最大限に活用しようと思えば、3ボランチの最も後方に配置することでしょうね。つまり、アンカーのポジションの特徴は守備的MFの中で最後尾に位置することです。

次に、ボランチとアンカーのプレーの特徴です。この特徴は「役割」と重なりますが、違いを明確にするために確認してみましょう。

過去の記事<<サッカーがよくわかる「ポジションと役割」について解説します>>でも書いたのですが、程度は違えど、どのポジションでも「攻撃」と「守備」に関わらなければなりません。

MFは攻撃も守備もバランスよく、また、攻撃と守備の開始段階を担当することになります。加えて守備的MFは攻撃的MFに比べて文字通り守備にプレーの比重を置くことが特徴となります。

守備から確認したほうが分かりやすいと思いますので具体的にみてみましょう。

ボランチの守備の特徴

  • バイタルエリアの守備を担当する(ボール奪取、DFとの連係)
  • ボールホルダーにプレッシャーをかける
  • DFが跳ね返したルーズボールを拾う
  • 相手のMFとマッチアップすることが多い
  • 担当エリア(中央部)を重視し、安易にサイドに行かない(CBとの連係を重要視するため)
  • 相手MFから相手FW(特にCF)への縦のパス(くさび)を気を付ける
  • 相手のMFに突出した危険な選手がいた場合、マークする

 

ボランチの攻撃の特徴

  • 奪ったボールを確実に保持する(味方へのシンプルなパス)
  • 攻撃の態勢を整えるためにFW、攻撃的MFをフォローする
  • 攻撃の態勢を整えるために長短のパスを使う
  • 機をみて、前線へ進出し攻撃に参加する

分かりやすく説明するのことが難しいですが、ボランチの特徴的な、頻度が高いプレーはこんな感じでしょうか。その他で、攻守の忙しいポジションのため運動量が多くなることもボランチの特徴だと思います。

守備の特徴のうち赤い文字で示してある部分がアンカーのプレーの特徴です。中盤の守備を担当するボランチのプレーの中でも特にアンカーに必要なプレーです。

ボランチとアンカーの特徴について、フォーメーション上のポジションとプレー上の違いをお分かりいただけるでしょうか。

【ボランチとアンカーの役割】

役割についても、ボランチの役割の一部を専門家としてアンカーが担当するということになります。

ボランチの役割

  • バイタルエリア、DFラインの前でのスペースの管理などの守備
  • DFとの連係による守備態勢の形成(DFのオーバーラップのカバーなど)
  • ボール奪取直後からの攻撃の組み立て

このように、攻撃でも守備でも組み立て、コントロールがチームでのボランチの役割になります。アンカーはこのボランチの役割を満たしつつ、さらに細かい専門的な役割を担当することになります。

アンカーの役割

  • 守備的MFの中でも最後尾での守備を行う
  • バイタルエリアの守備において、特にボール奪取を求められる
  • 特にCBとの連係を綿密にし、バイタルエリアの中央部での守備を行う

というのが、アンカーの役割になります。

繰り返しますが、MF陣の中でもバイタルエリアの守備を担当するボランチの中でも、よりCBの前で確実な守備を求められているのがアンカーということです。

アンカーの役割で捕捉をひとつ。これまで説明したようにアンカーは位置を示したポジション(まぁ位置は分かるんですけど)という意味合いよりも、役割を示す意味合いが強いんです。

先ほどのフォーメーションの図で示したとおり、1ボランチではアンカーとしての役割が強いですし、2ボランチではどちらかの一人にアンカーの役割を固定したり、局面によって交代で行ったり、3ボランチでは完全にアンカーの威力を最大限に活用しようとしている配置になります。

チームの戦術や作戦、監督の考え方などによってバイタルエリアでの守備やアンカーの取り扱いが変わるのです。

まとめ

今回はサッカーのポジション、ボランチとアンカーの違いについて解説しました。

先に結論を出したとおり、ボランチの役割の一部にアンカーがあり、アンカーとは特にMFの最後尾、センターバックの前方でバイタルエリアの中央部の守備を固める役割のことを言います。

アンカーは南アフリカ大会のときの阿部、最近では長谷部などが担当したりしています。

ポジションの呼称やサッカー用語が言語の違いなどによって分かりにくくなっていますが、この記事で違いが分かってもらえると嬉しく思います。

分かりづらいポジションの違いについては、過去の記事<<サッカーのポジション「トップ下とST」の違い>>も読んでいただければと思います。