ボランチの意味と役割を完全に覚えちゃいましょ【サッカー】

サッカーのポジションは色々な言語が混ざり合って表現されているので、ちょっと分かりづらいですよね。

そのポジションのひとつが「ボランチ」。

ボランチというポジション名を使うのを辞めようという専門家もいるようですが、

今回はこのボランチについて、意味と役割を明確にしたいと思います。

ボランチの意味

ボランチ(volante)とはブラジルで使われているサッカー用語で、MFのうち守備的MFを指します。

また、ボランチとは「ハンドル」を意味しますので、サッカーでは「操る」「操縦する」という役割を示しています。

つまり、サッカーのポジションのうち、MFの中央に位置し、チームを操縦する役割の選手をボランチと言います。

フォーメーションでボランチの位置を確認してください。

再度確認しておきますが、

  • ボランチの意味:ハンドル(操縦する人)
  • ボランチの場所:守備的MF(MF陣の中央/底)

ということです。

ボランチの役割

ボランチの役割は、チームの戦術やシステム、配置される人数によって細かく違ってきますが、どのタイプのボランチにも共通することは、

  • バイタルエリア付近、DFラインの前での守備
  • DFとの連係による守備態勢の形成(カバーリング)
  • ボール奪取直後からの攻撃の組み立て

となります。

バイタルエリアとは、得点に繋がりやすいプレーが起こるエリアのことで、ボランチがポジショニングをとる位置にあたります。

このエリアでボール奪取や相手のプレーを邪魔する、チャンスの芽を摘むことなどの守備がボランチの役割のひとつです。

また、SBのオーバーラップ、FKなどでのCBの前線参加のときに、その空いたポジションをカバーして守備の態勢を形成することもボランチの役割のひとつ。

攻撃においては、守備によってボールを奪取した直後から、パスを中心に攻撃の組み立てをすることがボランチの役割です。

もちろん、これら3つの役割は、戦術等によって変化していきますし、比重も変わりますが、

ボランチにとってはこの3つが大きな役割ということになります。

ボランチのタイプ

そもそもボランチとは、ブラジル(ポルトガル語圏)のサッカー用語が日本で使われるようになったので、ブラジルと日本以外では通用しないそうです。

ボランチに相当するポジションは各国にあり、呼び方が異なり、役割も細分化されていたりします。

各国のボランチのポジション名と役割を確認してみましょう。

イングランド

イングランドではボランチが「ディフェンシブ・ミッドフィルダー(Defensive Midfielder)」に該当します。

その分類は以下のとおりです。

オールアクション・ミッドフィルダー(all action midfielder)

セントラル・ミッドフィルダーのうち攻撃、守備の両方のプレーを行う役割のオールラウンドなMF。

イングランドらしいミッドフォルダーで、ジェラードやランパードなどが該当します。

アンカー(Anchor)

船の錨」のことで、サッカーでは「安定させる人」という意味合い。

日本サッカーでも時々使われますが、中盤の最後尾に位置し、CBと連携しながら守備をする役割のポジション。

クロード・マケレレ、セルヒオ・ブスケツなどが該当します。

スペイン

スペインではボランチを「ピボーテ(pivote)」と言い「」を意味します。その分類は以下のとおりです。

ピボーテ・セグンド(pivote segundo)

二番目のピボーテということでしょう。

イングランドのオールアクションMFと同じで、攻撃にも守備にも関わるオールラウンドな役割を担います。

フェルナンド・レドンド、ルイス・ガルシアあたりが該当すると思います。

ピボーテ・ディフェンシーボ(pivote defensivo)

守備的なピボーテということで、イングランドのアンカーと同じです。

中盤の底でボール奪取やバイタルエリアの守備を行います。やはり、マケレレやブスケツが該当します。

ピボーテ・オルガニサドール(pivote organizador)

組織するピボーテということでしょう。司令塔型のボランチだということですね。

守備よりも攻撃の組み立てを行うことが役割です。正確な長短のパスがプレーの特徴になります。

アンドレア・ピルロ、シャビなどがこれに該当します。

イタリア

イタリアではボランチが「メディアーノ(mediano)」と言い、「真ん中の人」という意味です。

その分類は以下のとおりです。

インクルソーレ(incursore)

襲撃者」という意味で、イングランドのオールアクションMF、スペインのピボーテ・セグンドと同じ攻撃も守備も担当するオールラウンドの役割を担います。

ネドベド、デ・ロッシなどが該当します。

インコントリスタ(incontrista)

ぶつかる人」「阻止する人」という意味で、イングランドのアンカー、スペインのピボーテ・ディフェンシーボと同じ。

イタリアのぶつかる人と言えばガットゥーゾ!ですね。

レジスタ(regista)

日本でもおなじみのレジスタは「演出家」という意味です。

司令塔型のボランチで、スペインのピボーテ・オルガニサドールと同じです。

レジスタと言えばピルロ、日本では遠藤ヤットが該当しますね。

 

イングランド、スペイン、イタリアとボランチに該当するポジションとその意味、また細分化された役割のポジションはこのようになります。

他にドイツやフランスも含めてまとめてみますと、

攻撃的ボランチ(万能型ボランチ)

  • オールアクション・MF(イングランド)
  • ピボーテ・セグンド(スペイン)
  • インクルソーレ(イタリア)
  • アッハター(ドイツ)「8番」
  • アルセルール(フランス)「執拗に攻撃する」

守備的ボランチ

  • アンカー(イングランド)
  • ピボーテ・ディフェンシーボ(スペイン)
  • インコントリスタ(イタリア)
  • ツェアシュテーラー(ドイツ)「邪魔する人」
  • レクペラトゥール(フランス)「回収業者」

司令塔型ボランチ

  • ピボーテ・オルガニサドール(スペイン)
  • レジスタ(イタリア)
  • ゼクサー(ドイツ)「6番目の人」

という具合になりますね。

ボランチというポジション名は各国で違いますし、その呼び名の意味も違いますが、役割は同じように区分けできるんですね。

まとめ

今回は、ボランチの意味と役割を解説しました。

ボランチとは主に守備的MFのことを指していて、

「ハンドル」を意味し、サッカーでは中盤の底でチームを「操縦する人」という役割を示しています。

そのプレーの役割は、

  1. 中盤での守備
  2. カバーリングによる態勢の形成
  3. 攻撃の組み立て

で、この3つがボランチというポジションの大きな役割です。

 

また、各国のポジション名とその意味を確認したことからもわかるように、

ボランチというポジションは攻撃/万能型、守備型、司令塔型に分類でき、

戦術や人数などにより役割が細分化されるということです。

 

読んでくださった皆さんが「分かった!」となればうれしく思います。

サッカーのポジションに詳しくなって、サッカーがますます楽しくなるとまたうれしいです!

過去記事の<<【歴代】日本人ボランチのランキング【サッカー】>>も楽しんでいただければ幸いです。