サッカーを楽しもう!ディフェンスの基本を確認します。

点を獲り合うスポーツは試合で勝つために攻撃により点を獲らなければならないし、

逆に守備によって失点を防がなければなりません。

サッカーも攻撃と守備という活動を繰り返して試合に勝つことを目標にします。

今回はこのサッカーの活動の中で「ディフェンス」について確認したいと思います。

選手はもちろんですがサッカーを観戦する人も参考にして頂きたいです。

「ディフェンス」を確認

サッカーの試合での「ディフェンス(守備)」という活動の状況を確認してみましょう。

ディフェンスは相手のチームがボールを保持しているときに行います。

逆に自分のチームがボールを保持しているときには「オフェンス(攻撃)」を行います。

ボールをどちらが保持しているかによってオフェンス、ディフェンスの活動が変わります。

なんのためにディフェンスをするのか、(後で詳述しますが)相手からボールを奪って攻撃に移るためです。

誰がディフェンスするのか、役割は少し違いますがチームの11人のプレーヤー全員です。

まとめてみますと、

  • (いつ)相手がボールを保持しているとき
  • (どこ)そりゃあ、ピッチ内で
  • (誰が)チーム全員が
  • (何を)ボールを
  • (なぜ)攻撃をしなければならないから
  • (活動)奪う

ということがディフェンスの基本的な活動概要となります。

試合の状況や時間帯によってはディフェンスの目標が少し変化することもありますが、

おおむね、このように考えていただいくと良いかと思います。

 

めんどくさく説明しましたが、

自分たちがボールを保持しているときは全員でオフェンスをし、

相手がボールを保持しているときは全員でディフェンスをするということです。

こうやって考えると、相手がボールを持っているときに、

ディフェンス活動をしていない選手は「さぼっている」という評価をされるかもしれませんね(笑)

FWの選手やボールと遠いところに位置する選手はそういう風に見られがちですが、

次の局面や展開を予測した準備が求められまよね。

ディフェンス活動の優先順位

ディフェンスの目標は相手のボールを奪うことが基本になりますが、

試合相手と自分のチームとの力量、試合での状況、チームの戦術などなどの様々な要因によって活動の目標が変わることがあります。

この活動の段階を整理してみましょう。

1.ボールを奪う

ディフェンスで第一に考えなければならないのは相手からボールを奪うことです。

ボールを奪うための具体的なプレーは「インターセプト」「パスカット」などの言葉で表されますが、

状態として相手のドリブルを阻止する、相手のパスをクリア(例えばヘディングで競り合ってボールを跳ね返すプレー)するなど、

相手のプレーを邪魔して、直接ボール奪取する、ルーズボールを自分たちが拾うことでマイボールにすることです。

繰り返しますが、相手の保持しているボールを取って自分のチームが保持する状態になれば良いのです。

ディフェンスの基本中の基本です。

 

ちなみに、細かい話になりますが、

「パスカット」や「クリア」の後にボールがタッチラインを割った、相手にボールを拾われたというケースでは、相手の攻撃の邪魔をしたかもしれませんが、

相手チームがボールを保持している状態が続きますから、ボールを奪っていることにはなりませんよね。

ここで言うボールを奪うというプレーの目標はマイボールにして相手の攻撃を終わらせる状態にすることを指します。

2.ゴールに近づけない(ボールを)

ディフェンスで第二に考えなければならないのは、相手をゴールに近づけないということです。

ボールを奪うことが一番良いことなんですが、

奪えなかった場合、ディフェンスの目標を変更する必要があり、

それが、相手のボールをゴールに近づけない、

別の言い方をすれば、ゴールから遠ざけるということです。

 

近づけないための具体的なプレーはパスカットやクリアはもちろんですが、

自分のチームのゴールから離れた場所にボールを追い込むことです。

相手のドリブルやパスの方向を限定して、ピッチの外側に追い込むためのディフェンスのプレーで、

サッカー経験者の方ならお分かりかと思いますが「ワンサイドカット」などと言います。

相手に入ってこられては困るエリアでのプレーを阻止するために、

相手と対峙しているときに、その方向を塞ぐポジショニングをとることで、ボールの方向を限定させるというプレーです。

基本的にはピッチの外側へ追い込むことがセオリーで、

危険な直接シュートをさせない、シュートまでの段階を多くさせることが狙いです。

 

「攻撃を遅らせる」「時間をかけさせる」という似たようなテーマがありますが、こちらも試合の状況の中での目標であり、

例えば、相手が攻撃に入ったとき自分のチームのディフェンスの人数や態勢が整っていないときの目標、リードしている状況で相手に時間を消費させたいときの目標になることがあると思います。

ちなみに、ボールを奪うこともこのゴールに近づけないということを満たしていますので、

ディフェンスの基本的な優先順位を整理してほしいと思います。

3.ゴールさせない

ボールを奪えなかった、ボールをゴールに近づけてしまった、ときに考えなければならないのはゴールさせないということも基本的な考え方です。

具体的なプレーは、ボールを奪う、ゴールに近づけないプレーに加えて、

シュートのブロック、クロスやラストパスのブロックなど、相手のフィニッシュを防ぐ、邪魔することです。

相手の直接シュートの可能性が低いエリアでは、

スライディングやボディチャージなどのリスクを伴うプレー(かわされて相手が優位な状況になるなど)はあまり必要ありませんが、

この相手のフィニッシュ場面ではこのプレーの重要度合いも高まります。

セーフティーファースト」という言葉もありますが、安全第一の考え方で危険な場面を守らなければなりません。

このゴールをさせないディフェンスの最たるポジションがGKです。

 

このように、ディフェンスの目標を段階にして整理しました。

文中でも説明しましたが、「攻撃を遅らせる」とか「時間をかけさせる」などの状況や局面によるテーマもありますが、

ボールを奪うこと、近づけないこと、ゴールさせないことを優先順位で考えてプレーすることがディフェンスの基本です。

観戦するときもこの段階の視点でみると面白いと思います。

まとめておきますのでご確認ください。

  1. (目標)試合に勝つ
  2. (方法)効果的な守備
  3. (活動)得点を防ぐ
  • 活動1.ボール奪取(ボールを奪って保持する「インターセプト」)
  • 活動2.近づけない(危険なエリアへの侵入阻止「ワンサイドカット」)
  • 活動3.Gさせない(フィニッシュを阻止「ブロック」)

また、これらのディフェンスを効果的にするには基本的に以下のプレー、技術、要素が必要になります。

個人技術もあれば複数人での技術も必要です。

練習やコツなどは別の機会にしますが、整理しておきます。

  • 1対1の強さ
  • インターセプト
  • ボールカット
  • ボールクリア
  • マーク
  • プレス
  • タックル
  • スライディング
  • ブロック
  • カバーリング
  • ポジショニング
  • コンビネーション(集団プレスとかオフサイドトラップなど)

まとめ

今回は、ディフェンスの基本を確認しました。

試合におけるディフェンスのあり方、目標、方法等の考え方を整理しておきましょう。

 

サッカーの試合は攻撃と守備を繰り返します。

守備は失点を防ぐチームプレーだということと同時に、

ボールを奪った瞬間から攻撃が始まるということですから、

攻守のバランスを考えたディフェンス方法も考えることになります。

 

サッカー中継などでに「ボール支配率」と聞いたことがあるかと思いますが、

配率の高いチームは守備の時間を減らしているということになります。

このことから、試合全体の中で、ディフェンスにおいてボールを奪うことの重要性がわかりますし、

僕個人は「守備=相手からボールをどうやって奪うか」だと思っています。

 

皆さんもサッカーの基本を覚えていって、サッカーやサッカー観戦の参考になればうれしく思います。

ディフェンスの基本につきまして、

過去記事<<サッカーがよくわかる「ポジションと役割」について解説します>>をご参照ください。

読んでくださってありがとうございます。