ウイングとサイドハーフの違いを確認しましょう【サッカー】

サッカーのポジション、ウイングとサイドハーフについて位置や役割などの違いを確認しましょう。

サッカー選手もサッカーを観戦する人も、

違いがわかることで、サッカーの楽しみ方も違ってくると思います。

ややこしい部分をクリアにしてサッカーに詳しくなりましょう。

ウイングとサイドハーフの位置

まず、ウイング(WG)とサイドハーフ(SH)のポジションの違いを確認しましょう。

必ず知っておいてもらいたいのは

  • ウイングはFW
  • サイドハーフはMF

ということです。

フォーメーション図で確認してきましょう。

ちょっとややこしい部分がありますので、説明するのにフォーメーション図が多くなりますけど、よろしくお願いします。

↑こちらは、フォーメーション4-3-3で黄色い星がウイングのポジションです。

ウイングというポジションは兎にも角にもFWが3人で、

そのうちの両側の選手が大きくサイドに開いてポジションをとります。

FWが1~2人の場合にはウイングは存在しないことになります(昔はFW4人以上の頃もありましたが今はありません)。

 

そもそも「ウイング(wing)」とは「翼」という意味で、

サッカーでは両サイドに対で配置されるポジションを示しています。

ウイング、ウイングハーフ、ウイングバックなどがそうです。

そこに位置情報の左右が加わり右ウイング(ライトウイング)、左ウイング(レフトウイング)と呼ばれます。

FWであるウイングのポジションはこういうことになります。

↑こちらはフォーメーション4-4-2で黄色い星がサイドハーフのポジションです。

サイドハーフは通常MFの人数が3人以上で、ピッチの両サイドに大きく開いてポジションをとります。

そして、サイドハーフが配置されるフォーメーションでは、先ほどのウイングが配置されません(一部例外があります)。

これは役割のところで説明しますが、ウイングとサイドハーフの役割が重複しているからです。

さらに、もうひとつフォーメーションをみてみましょう。

↑こちらは現代サッカーの主流のひとつ4-5-1(4-2-3-1)のフォーメーションで黄色い星のポジションがサイドハーフになります。

先ほど説明したとおり、

MFが3人以上、ウイングがいない、

MFの両サイドに配置されている、

ということを満たしています。

フォーメーション4-4-2、4-5-1(4-2-3-1)のときのサイドハーフのポジションはこのようになります。

 

ウイングとサイドハーフのポジションの違いがお分かりいただけたでしょか。

まとめてみますと、

  • ウイングは3人以上のFWの両サイド
  • FWが1~2人のときにはウイングはない
  • サイドハーフは3人以上のMFで大きく開いた両サイド
  • サイドハーフがいるときはウイングはいない

これらが、ウイングとサイドハーフのポジションの要件になります。

ここまでは基本、原則ですからしっかりと理解していただきたいです。

 

それでは皆さんをややこしくさせてしまいますが(僕もややこしいんです笑)、例外をひとつ紹介します。

↑滅多にはないんですけど、禁断のフォーメーション3-4-3です。

先ほどのウイングとサイドハーフは同時に配置されないということの例外です。

3-4-3を使うチームがいくつかありまして、

例えばアヤックス、バルセロナ、バイエルンなど、

3-4-3を使う監督がビエルサ、グアルディオラ、そして日本代表監督だったザッケローニ。

3-4-3はチームや監督によってMFのシステムが異なるのですが、

ビエルサやザッケローニはMFをフラット気味(横並び)に並べることがあり、

このようにウイングとサイドハーフが配置されるということがあります。

強烈なサイド攻撃を仕掛ける意図がありますね。

厳密に言うと、3バックのときにサイドのMFを大きく開いた場合はウイングバック(ウイングとサイドバックを兼ねたポジション)と言うのですが、

超例外としてこのようにウイングとサイドハーフが配置されることがあります。

・・・例外ですので覚える必要はないかもしれませんけど(笑)、一応紹介してみました。

 

また、これまでに何回かウイングバック、ウイングハーフというウイングのつくポジションが出てきましたが、

さらにややこしくなりますので、別の機会にしたいと思います。

ここでは、ウイングとサイドハーフについて覚えてもらえば良いかと思います。

ウイングとサイドハーフの役割の違い

各ポジションの役割については過去の記事で紹介しましたとおり、

各ポジションの担当するエリアでの守備と攻撃が基本中の基本で、

その役割の違いはと考えたときには、その守備と攻撃の比重が異なるということが大前提です。

 

今回のテーマであるウイングとサイドハーフの違いから、役割の違いを考えた場合、

重なる部分が多いのですが、その攻撃と守備の比重が若干違うということになります。

ウイングはFWですから、MFのサイドハーフに比べて攻撃>守備ということになり、特に得点に結び付く直接的な役割が求められます。

サイドハーフはMFですから、FWのウイングと比較すると、攻撃と守備を均等に行うということになり、得点をとるというよりも、サイドからのチャンスメイクの役割が求められます。

ウイングとサイドハーフを比較したときには、ほぼ同じような役割が求められるのですが、

ウイングのほうがより攻撃的な役割を求められるということです。

 

また、同じサイドハーフでも、先ほどのフォーメーション図で示したように、

4-4-2のときのサイドハーフと、4-5-1(4-2-3-1)のサイドハーフではMF陣のシステムの違いによって、

守備と攻撃の比重が異なります。

4-4-2よりも4-5-1(4-2-3-1)のサイドハーフのほうがより攻撃的な役割と求められる傾向にあります。

 

つまり、ウイングと4-5-1のサイドハーフは、求められる役割はほぼ同じだと思います。

これらのことがウイングとサイドハーフの違いをややこしくさせていると思っているんですが、

これは戦術(フォーメーションやシステムを含む)の違いによるものですから、わかりにくくて当然です。

 

ウイングとサイドハーフの役割の違いをまとめておきますので、こう覚えたもらっても良いですよ。

  • 担当エリアでの守備と攻撃を担うが比重が異なる
  • 攻撃の役割は「ウイング=サイドハーフ(4-5-1)サイドハーフ(4-4-2)」
  • 守備の役割は「ウイング=サイドハーフ(4-5-1)サイドハーフ(4-4-2)」

ウイングとサイドハーフのプレーの違い

役割が上記のとおりですので、プレーの内容もだいたい同じになりますが、

プレーの重要度(上/中/下)と細かい部分での違いを確認しておきましょう。

ウイング、サイドハーフ(3-5-1)、サイドハーフ(4-4-2)で比較してみます。

また、プレーの違いがイメージできるように、それぞれに該当する有名選手を示してみますね。

ウイング=サイドハーフ(4-5-1)

  • )対峙する相手DFを抜き去る(ドリブル、スプリント)
  • )相手のディフェンスラインを突破する(ドリブル、スプリント)
  • )ラストパスを送る(クロス、センタリング)
  • )シュートする(シュート ※近距離
  • (下)相手のパスコースを限定
  • (下)相手にプレッシャーをかける

アザール、ネイマール、エムバペ、乾、原口

サイドハーフ(4-4-2)

  • (中)対峙する相手DFを抜き去る(ドリブル、スプリント)
  • (下)相手のディフェンスラインを突破する(ドリブル、スプリント)
  • (中)ラストパスを送る(クロス、センタリング)
  • (中)シュートする(シュート ※ミドル/ロング
  • 起点となり攻撃を組み立てる
  • (中)相手のパスコースを限定
  • (中)相手にプレッシャーをかける
  • (中)ボールを奪取する

イニエスタ、ディ・マリア、ベッカム、ルイス・エンリケ

ウイングとサイドハーフ(4-5-1)はほぼ同じです。

それとサイドハーフ(4-4-2)との違いを表してみました。

役割が重なっているポジションですので、細かい部分での違いになってしまいますが、

該当する選手の比較でイメージできればと思います。

まとめ

今回は、サッカーのポジション、ウイングとサイドハーフの違いについて紹介しました。

サイドハーフには2種類あり、その違いはフォーメーションによる違いです。

ウイングと4-5-1のときのサイドバックはほとんど同じ役割、プレーになりますけど、

4-4-2のサイドハーフとは少しの違いがあります。

非常にややこしい、違いが分かりづらいポジションですが、

基本はウイングはFWの分類でサイドハーフはMFの分類だということです。

 

この紹介が読んでくださった皆さんのサッカーに役に立てばと思います。

関連記事の<<【歴代】日本人選手ウイングのランキング【サッカー】>>もご一読いただければと思います。