セネガルは強いのか?どんな選手がいるの?【サッカー】

2018年ロシアW杯で日本と対戦したセネガル。結果は2-2のドローでした。

そのセネガルって強いのか?どんなサッカー選手がいるのか?

今回はセネガル代表の強さ、どんな選手がいるのかについて、セネガルサッカーの歴史などを振り返りながら紹介したいと思います。

2018年現在、アフリカで一番強いのがセネガルです。

セネガル代表

サッカーセネガル代表のプロフィールなどから。

国  名:セネガル共和国

愛  称:テランガのライオンたち(Les Lions de la Teranga)

W  杯:2回(2002、2018)※2002年にベスト8

世界ランク:23位(2018年11月現在)

監  督:アリウ・シセ

2018年現在のFIFAランキングは23位でアフリカ大陸1位。セネガル史上最高順位です。

ナイジェリア、カメルーン、ガーナ、モロッコなどアフリカの強豪国を凌いで、今アフリカで一番強いのがセネガルです。

あ、ちなみに、同じ時点での我らが日本は50位ですので(笑)

2018年のロシアW杯でグループステージが日本と同組になりましたので、サッカーセネガル代表に接する機会がありましたよね。

監督はアリウ・シセ。日本戦でたくさん映像に映りましたね。

出典:https://www.tf1.fr

歴代の監督には、W杯でベスト8に導いたブルーノ・メツ、フランスのレジェンド、アラン・ジレスなどがいます。

 

セネガル代表の愛称は「テランガのライオンたち」。

テランガとは、セネガルの誉め言葉で「おもてなし」「ホスピタリティ」を意味するそうです。

このテランガとは、セネガル国民の風習のことで、他人にとてもフレンドリーに接する生活スタイルのことだそうです。

・・・どこかで聞いた気がしますが、お・も・て・な・し・のライオンたち と覚えれば良いかもですね(笑)

 

W杯の出場は2回、2002年と2018年です。

2002年のW杯は日韓大会でしたが、このときセネガルは初出場でベスト8に進出します。

グループステージでフランス、デンマーク、ウルグアイと同組になり、大会前は評価が低かったんですが、

開幕戦で世界チャンピオンのフランスを破るジャイアントキリングを起こすと、デンマーク、ウルグアイと引き分け、決勝トーナメントに進出。

ベスト16でスウェーデンを延長戦で破り、ベスト8でトルコに延長戦で敗れるという、初出場でベスト8進出という旋風を巻き起こしました。

フィジカルを生かした圧倒的なスピードで勝ち進み、世界に強烈なインパクトを与えました。

このときのイメージが、現在のセネガルサッカーのイメージになっていると思います。

2018年ロシアW杯のセネガルもマネやサールなども速かったです。このスピードはセネガルサッカーの特徴、伝統といえるでしょう。

 

また、サッカーに詳しい方はご存知かと思いますが、セネガルの選手はデカいんですよ。

2018年の日本戦でも190cmオーバーの選手が3人出場しています。

セネガルの男性の平均身長は175cmでアフリカで一番高いんです(日本の平均身長は170cm)。

アフリカのセネガル周辺には身長がとても高い(2mに達するとも)民族が複数住んでいるとの情報があり、平均身長に関係しているかもしれません。

ガタいが良くて、スピードがあって、身体能力抜群、そして強い、これがセネガルサッカーの特徴だと思います。

 

また、セネガルはフランスの植民地だったことから、フランスの影響を大きく受けていたことから、

サッカーについてもフランスの影響を受けていることが考えられます

実際に、セネガルの選手たちはフランスでプレーすることが多いです。

現役の選手たち

そんな身体能力抜群のセネガルにはどんな選手がいるのか、現役の選手からみてみましょう。

サディオ・マネ(リヴァプール)

出典:http://www.sportingnews.com

年 齢:1992年生 26歳

身 長:175cm

所 属:メス→ザルツブルグ→サウザンプトン→リヴァプール

代 表:54試合(15得点)

今、セネガル人サッカー選手といえばこの人、マネ!名門リヴァプールの10番です。

ロシアW杯の日本戦の先制ゴールはマネ選手でした。

リヴァプールの前はサウザンプトンに所属していて吉田麻也選手と同僚でした。

リヴァプールに移籍したときの金額が約46億円で当時のアフリカ人選手の最高額です。

リヴァプールの試合を観るときには、右のモハメド・サラー、左のサネ、両翼の選手は注目ですよ。

 

ガリドゥ・クリバリ(ナポリ)

出典:https://weallfollowunited.com

年 齢:1991年生 27歳

身 長:195cm

所 属:メス→ヘンク→ナポリ

代 表:10試合

セネガル代表の守備の要クリバリです。代表ではマネと並ぶ看板選手と言って良いでしょう。

日本vsセネガル戦、本田圭の同点ゴールのシーンで、本田のシュートがすり抜けていった選手がクリバリ。

フランス国籍も持っていて、デシャン監督がフランス代表に呼びたかったんですけど、本人は既にセネガル代表を選択していました。

もともとはMFですが、195cmというサイズから、CBにコンバートされたようで、所属のナポリやセネガル代表ではCBとして出場しています。

 

ケイタ・バルデ・ディアオ(インテル)

出典:https://www.africatopsports.com

年 齢:1995年生 23歳

身 長:181cm

所 属:ラツィオ→モナコ→インテル

代 表:12試合(3得点)

売り出し中のセネガル人若手FW。所属はASモナコですがインテルにレンタルされています。

セネガル人にしては珍しいスペインの国籍も持っている選手で、ケイタはあのバルセロナユース出身です。

2013年からラツィオでプレーしていて、2016-2017シーズンセリエA16得点と爆発。

セネガル代表の期待の星です。

 

サネとクリバリはフランスのクラブ、メスでプロとしてスタートしています。クリバリはセネガルとフランスのハーフでもありますが。

セネガルの多くの選手は、フランスでキャリアをスタートさせるケースが多く、先ほど紹介しましたようにセネガルはフランスの影響を多く受けていることがわかると思います。

ケイタはセネガル人としては異色で、スペイン国籍も持っていることから、バルセロナユースで過ごすわけですね。

テランガのライオンたち、セネガルの注目の選手はこの3人ですね。

セネガルの名選手たち

では、強いセネガルの過去にはどんな選手がいたのか、強さを図るバロメーターになるかと思います。

アンリ・カマラ

出典:https://www.pressafrik.com

セネガルの最多代表キャップ、最多得点記録をもつセネガルのレジェンド?です。

1977年生まれで今41歳なのですが、どうも今でも現役を続けているようなんです。

セネガルが世界に衝撃を与えた2002年の日韓W杯で、初出場でありながら初のベスト8に導く活躍を魅せたのが、このカマラなんです。

初出場のセネガルが決勝トーナメントに残るだけでも凄いことなんですが、

ベスト16のスウェーデン戦で2得点を決め、セネガルをベスト8に導いたんですね。

引退した選手を紹介しようと思ったんですが、カマラはまだ現役でした(笑)

エル=ハッジ・ディウフ

出典:https://www.dakaractu.com

セネガルサッカー史上最高の選手がディウフということで問題ないと思います。

2002年前後のセネガルの世界的な強さは、このディウフの力によるところが大きいと思いますね。

2001年、2002年でアフリカ年間最優秀選手賞を受賞しており、セネガル選手では1人だけです。

また、ペレの選んだ「FIFA100」にもセネガルから唯一選出されます。

とにかく、そのスピードとパワー、僕個人の考えですけど、セネガルサッカーのイメージはディウフのプレーイメージと考えて良いのではと思います。

2002年のW杯を観た人は、セネガルとこのディウフの強烈さを覚えておられるかと思います。

強いセネガルのレジェンドです。

アリウ・シセ

出典:https://fr.starafrica.com

再び登場のシセ監督です。2002年のベスト8セネガルのキャプテンでした。

特に、2002年のセネガルはW杯ベスト8だけではなく、同年に行われたアフリカ・ネイションズ・カップでも、準優勝しているんですね。

この準優勝もセネガルの最高成績で、レジェンドの3人カマラ、ディウフ、シセも選手として出場しています。

カメルーンとの決勝は、延長でも決着がつかずPK戦へ、ディウフもシセもPK失敗で負けてしまいます。

このときのカメルーンには、エムボマ、そしてあのエトオがいました。

この2002年前後の強いセネガルの中心選手、キャプテンを務めたのがシセ監督だったんです。

シセ監督も強いセネガルのレジェンドと言って良いと思います。

まとめ

以上、今回は日本がワールドカップで対戦したセネガルは強いのか、どんな選手がいるのか、について紹介してみました。

FIFAの最新ランキングで23位で、アフリカ諸国の中では最上位、同じく日本のランキングは50位、

実力はセネガルが上ですね、強いんです!

また、選手たちもマネやクリバリのような、そのポジションで世界最高と称される選手がいます。

個人的な考えで言わせてもらえれば、日本は戦ってほしくない相手ですね(笑)

ロシアW杯で、日本とセネガルは、フェアプレーポイントの差で、日本が決勝トーナメントに進出しました。

セネガルの最強時代は日本で開催されたW杯で、世界に強烈な印象を与えました。

・・・日本とセネガルの因縁めいたものを感じるのは僕だけでしょうか(笑)

今後もテランガのライオンたちに注目していきたいですね。

 

今回の記事が読んでくださった皆様のサッカーの楽しみにお役にたてればうれしく思います。

よかったら過去記事の<<ワールドカップの日本代表を評価してみます【サッカー】>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。