サイドバックの動きを確認します【サッカー】

サッカーのポジションのサイドバックは、昔と違い、

担当するエリアのディフェンスはもとより

攻撃のためのオーバーラップや前方の選手のフォロー、

チームによっては攻撃の組み立ての拠点となるなど、重要なポジションとなっていますね。

今回は求められる役割などから「サイドバックの動き」について確認しておきましょう。

サイドバックの役割

以前にこのブログでそれぞれのポジションについての役割を紹介しましたとおり、

ピッチ上の11人の選手は、比重は異なりますが、自分の担当するエリアを中心に守備も攻撃も担当することになります。

センターフォワードはセンターフォワードの担当する守備や攻撃があるように、サイドバックにも守備や攻撃があります。

まず、サイドバックの役割を確認しておきましょう。

  1. 担当エリアの守備
  2. 隣接するエリアのフォロー(攻守)
  3. 攻撃のフォロー、チャンスメイク

ポジションとすれば、このような役割になります。

担当するエリアの守備や攻撃が役割の中心ですので、担当エリアを確認しておきましょう。次のとおりです。

↑チームのフォーメーションでみたときに左右のサイドバックが担当するエリアが白く丸い部分になります。

この白い部分のエリアの守備が最も大事な役割になります。次の図をみてみましょう。

↑1番目の図に黒いエリアを追加しました。これがサイドバックの役割のひとつ、隣接するエリアのフォローのエリアになります。

前方のサイドハーフの守備や攻撃の手伝い、横のセンターバックの守備の手伝いなどが役割のひとつになりますね。

さらにもうひとつ図をみてみましょう。

↑この図はサイドバックが守備と攻撃で担当するエリアをピッチ全体で表したものです。

サイドバックは守備のときは自陣のハーフウェイラインからゴールラインまで、攻撃ではハーフウェイラインから敵陣のペナルティエリア付近までを担当することになります。

サイドバックの役割と基本的に担当するエリアを覚えておきましょう。

役割に応じた動き

サイドバックの役割と担当するエリアが確認できたら、次に役割に応じた動きを確認しましょう。

まず、基本的な動きは、先ほどの3番目の図がサイドバックの動きの基本中の基本です。

自分の担当するエリアでの守備と攻撃ですから、ピッチのサイド部分の上下運動が最低限の動きになりますね。

日本代表の長友や酒井宏がピッチの中央部分でプレーしているところを見たことがありますか?僕はないです(笑)。

状況等により緊急事態が発生した場合は、担当エリアを出てプレーすることはあるかもしれませんが、ほとんどこのエリアでの動きになります。

そのことに加えて、先ほど確認しました役割に応じた動きを考えることによって、より効果的な動きがわかります。

守備のときの動き

守備のときに動きについては2つのことを覚えておきましょう。

ラインディフェンスとスライドの動きです。図で説明しますね。

↑相手の左サイドがボールを持っているとしますよね。

右サイドバックの担当エリアですので右サイドバックが対応することになります。

そのときに、CBや左サイドバックは自分の担当するエリアに侵入してくる相手をマークするのですが、そのときに、できる限り一列のラインになるように心がけましょう。

これは、相手をオフサイドにしてしまうなどの守備をしやすくすることが一番の理由ですが、ボールを奪取し攻撃に転じたときにスムーズな切り替え(トランジションとか言われます)をするためでもあります。

ですから、一列でラインの上げ下げをする動きが重要です。

↑この図は、先ほどよりも深い位置に攻め込まれたシチュエーションです。

右サイドバックは自分のエリアですので、ボールホルダーについていきます。

CB及び左サイドバックは自分のマークをケアしつつ一列のラインを保つ動きをしながら、次のプレーの準備をすることになります。

このときに、左サイドバックが先ほどよりも内側に入ってきているのがお分かりになりますかねぇ(図がイマイチでして分かりにくいですけど)。

これがスライドの動きなんですけど、自陣の深い位置になればなるほど、サイドバックは自陣のゴール方向にポジションを横に動き、バックラインを縮めるんです。

これはゴールに近くなると相手にスペースを与えないためにDFの形を「絞る」ことが有効だからです。DF4人の距離を縮めるんです。

この一定のラインを維持する動きと、ゴールに近くなれば距離を縮める、また、隣接するエリアセンターバックのフォローをするためのスライドの動きがサイドバックには必要になります。

  • ラインを上げ下げする動き
  • ポジションをスライドさせる横の動き

が、守備のときに必要な動きになりますので、覚えておいてください。

隣接するエリアのフォロー

次に隣接するエリア、選手のフォローの動きについてみてましょう。

先ほどのラインの上げ下げの図でもありましたスライドする動きもフォローの意味合いはありますが、こちらの図で確認してみましょう。

↑この図では、攻撃の場面でボールをもった味方選手が右サイドで困っている想定です。

右サイドバックはボールを持った選手を助けようと本来であればサイドハーフのエリアにフォローにいきます。

右サイドバックがDFラインから外れて前方に進出しましたので、残った3人のDFは右サイドバックのエリアをフォローするために全体が横にスライドしてスペースの管理をします。

もちろん、逆の左サイドバックも内側にスライドし隣接するエリアをフォローする動きをするのです。

これが、攻撃の場面ですけど、隣接するエリア、選手をフォローする動きになります。

攻撃のフォロー、チャンスメイク

攻撃のフォローは隣接するエリア、選手のフォローの図でわかると思いますが、攻撃のチャンスメイクの動きについて確認しておきましょう。こちらの図です。

↑こちらの図では、右サイドバックが前方の選手のフォローに行ったあと、その選手を追い越して(オーバーラップ)クロスのパスを出すということを表しています。

この右サイドバックのオーバーラップがチャンスメイクをするための動きになります。

自分の担当するエリアでの動きが基本になりますが、攻撃の場合には自分のエリアを出る動きをする場合もあります。

サイドバックが攻撃のチャンスメイクをする場面ではオーバーラップはもちろんですが、最近はインナーラップという動きもみられるようになりました。

オーバーラップとは前方の選手の外側を追い越していく動きですが、インナーラップは前方の選手の内側を追い越していくという動きです。

サイドバックが内側に入っていくということは、攻撃の最終局面(シュートやラストパス)を実施するということになります。

このことからも、昔に比べ、サイドバックの役割が広がっているということになると思います。

まとめ

今回は、サイドバックの基本的な動きについて紹介しました。

動き方を理解するには他のポジションと同様に担当するエリアの守備、攻撃という役割が基本となります。

そして、

  1. 担当エリアの守備
  2. 隣接するエリアのフォロー(攻守)
  3. 攻撃のフォロー、チャンスメイク

という役割による動き方が必要になります。

その動きの代表的なものが、

  • ラインの動き
  • スライドの動き
  • 隣接エリアに進出する動き
  • 攻撃のための動き

になります。くれぐれもこれは基本的な動きであって、チームの状況や試合の局面でいろいろ変化しますし、複雑になっていきます。

でも、最低でもこの動きは押さえておきたいところです。

よろしかったら過去記事の<<【凄い!】電動車椅子サッカーを紹介します>>もご一読ください。